I・ベルイマンがF・フェリーニ、黒澤明とのコラボのため書いた未発表脚本が映画化

92

イングマール・ベルイマンが、フェデリコ・フェリーニ黒澤明とのコラボレーションのために書いた脚本が、スウェーデンの映画監督スザンヌ・オステンによって映画化されると米ロイターなどが報じた。

イングマール・ベルイマン(写真提供:T.C.D / VISUAL Press Agency / ゼータ イメージ)

イングマール・ベルイマン(写真提供:T.C.D / VISUAL Press Agency / ゼータ イメージ)

大きなサイズで見る

1969年に執筆され、未発表となっていたこの脚本のタイトルは「Sixty-four Minutes with Rebecka」。疎外感を感じている妊娠中の教師を主人公に、彼女が性的、政治的な解放を求めていくさまを描く。映画は、ベルイマン生誕100周年となる2018年に公開される予定だ。

ベルイマンは1946年に「危機」で監督デビュー。「第七の封印」「野いちご」「処女の泉」などでその名声と評価を不動のものにし、世界の映画人に多大な影響を与えた。

(情報提供:Indiewire.com / IFA / ゼータ イメージ)

全文を表示

関連記事

イングマール・ベルイマンのほかの記事

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 イングマール・ベルイマン / フェデリコ・フェリーニ / 黒澤明 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。