細田守と是枝裕和が新作の情報交換、「一緒に映画祭回れるかもね」と笑顔

100

細田守是枝裕和によるトークショーが10月26日、東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて行われた。

トークショーの様子。左から細田守、是枝裕和。

トークショーの様子。左から細田守、是枝裕和。

大きなサイズで見る(全8件)

これは、第29回東京国際映画祭で実施中の企画「アニメーション特集『映画監督 細田守の世界』」の一環として開かれたトークショー。是枝は、7月に行った早稲田大学の講座での細田との対談を「すごく楽しかった」と振り返り、「それでもう少し話したいなと思っていたら、このお話を細田さんのほうからいただいて、喜び勇んでやってきました」と述べると、細田は満面の笑みを浮かべる。

細田守

細田守

進行役を務めた細田が「僕や是枝さんには父親の不在という共通のモチーフがあるのでは?」と口火を切ると、是枝は「父親がいることが描けないだけかも。父親がいない環境のほうが自分にとって自然だったから。でも、そう指摘されると父親がいる話を描かなくてはと思うんだけど、気付くと父親が不在になっている」と回答。細田が「父親がいないこと、でも存在感だけがある状況に魅力を覚える」とそのモチーフを繰り返し描いてきた理由を明かすと、是枝は「細田さんの作品は父親の不在をほかの人が埋めていく。そこに強い作家性を感じる」と返した。

是枝裕和

是枝裕和

海よりもまだ深く」を、自身が9歳から28歳まで暮らした東京・清瀬の旭が丘団地で撮影した是枝。細田から同地で撮影した理由を聞かれた是枝は「故郷以外の場所の撮影許可が出なくて、思いがけず自分の住んでいたところで撮ってしまった。自分の経験したものの強さが、そのまま観客に伝わるわけではない」と経緯を述べる。続けて是枝は、同作で阿部寛演じる主人公の母親役を務めた樹木希林から「(是枝の)お母様の持ち物を持ってきてほしい」と申し出があったことに触れ、「老眼鏡を持っていったら『これ使いたい』とおっしゃられて、作品の中でかけてるんですよ。かけていると僕の母親にしか見えない瞬間があって、自分史みたいなものを描くことを避けていたのでしまったなと」と裏話を披露した。

細田守

細田守

おおかみこどもの雨と雪」で是枝同様、自身の故郷をモデルにしている細田は「自分の故郷を作品にするなんて思ってもみなかった。制作のために尊敬する仕事仲間を、自分の故郷に連れて行ったときはどうかしてると思ったし、不思議な感覚を味わった」と述懐。また「絵はそもそも主観で、美しい風景を描けば美しい絵になるわけではなく、絵描きがどう見ているかが絵になる。つまり見せるべきポイントを浮かび上がらせることができる」とアニメーションのアドバンテージを語る。

是枝裕和

是枝裕和

「是枝さんは映画の中でよく男の子を出しますよね? その理由は」と細田が話を振ると、是枝は「女の子はオーディションに来た時点で女優になりたいという子が多い。でも男の子は、『友達が欲しい』とか『人前でしゃべれるようになりたい』とかいい加減な理由で来る子が多い」と返答。「男の子はオーディションで『今日何するの?』と言ってくるところがいい。この子を撮って苦労したいと思える」と続けた。

トークショーの様子。左から是枝裕和、細田守。

トークショーの様子。左から是枝裕和、細田守。

細田は「映画を作るうえで資格というのは大事だと考えている。お客さんに対しての敬意というか、態度としてそのメッセージを言う権利があるかを意識している」と作家としての信念を明かす。その言葉に対して是枝は「自分の中でどれぐらい強くその作品を作りたいと思っているかは、常に自己確認している。資格という言葉は僕の中からは出てこないけれども、強さのないものを作ってお金をもらうのは恥ずかしいと思っている」と答えた。

新作について話を振られた是枝は「今、脚本を書いてるんだけど、気が付いたら父親がいない話になっていた」と笑い、「違うメロディは作れるけど、歌う声は同じ。違う曲を作りたいんだけど声は変えられない」とコメント。同じく新作について細田が「脚本が決定稿になりました。父親が主題ではないんですが、ちゃんと出てきます。うまくいけば再来年に公開」と述べると、是枝は「僕は来年に新作の撮影に入る予定。もしかしたら、一緒に映画祭を回れるかもね」と述べ、細田にほほえみかけた。

この記事の画像(全8件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

リンク

関連商品