映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

長瀬智也、神木隆之介ら“地獄図”がフェス参戦「ぶっちゃけ映画の宣伝で来ました!」

5279

メトロックでギターパフォーマンスを見せた神木隆之介。

メトロックでギターパフォーマンスを見せた神木隆之介。

本日5月21日、東京・江東区立若洲公園でスタートした野外ロックフェス「TOKYO METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2016(メトロック)」のオープニングアクトとして、「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」に登場するロックバンド“地獄図(ヘルズ)”が出演した。

地獄図は長瀬智也(TOKIO)演じるキラーKがボーカル兼ギター、神木隆之介演じる高校生・大助がギターを担当するバンド。このほか桐谷健太扮するCOZYがドラマーを、清野菜名扮する邪子がベーシストを務めている。本日のライブにはメンバー4人がそろって登場し、観客の前で初のライブパフォーマンスを繰り広げた。

ステージに登場したキラーK、COZY、邪子は詰めかけた多数のオーディエンスに向けてポーズを決め、場内を大いに煽る。そのかたわらで制服姿の大助も遠慮がちにポーズをとり、女性客から「かわいい!」と歓声を浴びていた。

キラーKの「地獄へようこそ!」という絶叫から、4人は映画の主題歌「TOO YOUNG TOO DIE!」をパフォーマンス。超満員の観客は一斉に拳を上げ、彼らのライブを全力で楽しんだ。曲中にはキラーKが「俺たちは地獄から日帰りでやってきた!(笑) メトロックを盛り上げるために!」と叫んで笑いを取りつつ、メンバーそれぞれを紹介する。COZYは華麗なステップを踏みながらステージを行き来し、邪子は自慢のタトゥーをアピールして観客を沸かせた。

最後に紹介された大助は「あっ、関大助です!……あのー、なんかすみません(笑)。今日はサカナクションを観に来ました。あと高橋優も好きで……」と高校生らしい挨拶を展開するが、ラストは「ぶっちゃけ映画の宣伝で来ました! 6月25日公開っす!」と締めくくり、オーディエンスを大爆笑させた。曲を終えたキラーKは「サンキュー、メトロック! 地獄の映画館で会おう!」と呼びかけ、メンバーとともに悠々とステージを去っていった。

宮藤官九郎の監督最新作「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」は6月25日より全国ロードショー。

(c)2016 Asmik Ace, Inc. / TOHO CO., LTD. / J Storm Inc. / PARCO CO., LTD. / AMUSE INC. / Otonakeikaku Inc. / KDDI CORPORATION / GYAO Corporation

映画ナタリーをフォロー