映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

麻薬カルテルと戦う自警団に迫るドキュメンタリー「カルテル・ランド」予告編

47

「カルテル・ランド」

「カルテル・ランド」

「ハート・ロッカー」のキャスリン・ビグローが製作総指揮を務めたドキュメンタリー「カルテル・ランド」の予告編が、YouTubeにて公開された。

ドキュメンタリー作家マシュー・ハイネマンが監督した「カルテル・ランド」で映し出されるのは、現在も悪化の一途をたどるメキシコ麻薬戦争の最前線。麻薬カルテルから身を守るために医師ホセ・ミレレスが結成した自警団が、次第に暴走していく様子を追う。第88回アカデミー賞では長編ドキュメンタリー賞にノミネートされた。

予告編は「過去10年で、10万人以上の死者を出したメキシコ麻薬戦争」というナレーションから始まり、ミレレスが同志を募っていく場面を捉える。武器を手に立ち上がった市民たちだが、「目には目を 歯には歯を」というルールのもとに彼らは暴走。銃撃戦を繰り広げ、捕捉した男に容赦のない暴力を振るう。最後には、「これが見られるとき、私は殺されている」と語るミレレスのビデオメッセージらしき映像が映し出される。

「カルテル・ランド」は、5月上旬より東京のシアター・イメージフォーラムほか全国で順次公開。

(c) 2015 A&E Television Networks, LLC

映画ナタリーをフォロー