映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

キャスリン・ビグロー製作総指揮、メキシコ麻薬戦争の実態に迫るドキュメンタリー

28

「カルテル・ランド」

「カルテル・ランド」

第88回アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞にノミネートされた「Cartel Land」が、「カルテル・ランド」の邦題で日本公開されることが明らかになった。

「ハート・ロッカー」のキャスリン・ビグローが製作総指揮を執る本作は、今なお続くメキシコ麻薬戦争を題材にした記録映画。2006年から2014年までの間に約10万人の死者を出した政府と麻薬カルテルによる武力紛争の実態を浮き彫りにする。監督を務めたのは、ドキュメンタリー作家として活動しているマシュー・ハイネマン。自警団を結成した医師ホセ・ミレレスを軸に、ギャングや密売人たちを追い詰めていく市民と、次第に暴走し始める自警団の姿をあぶり出す。

「カルテル・ランド」は、5月より東京のシアター・イメージフォーラムほか全国にて順次公開。

(c) 2015 A&E Television Networks, LLC

映画ナタリーをフォロー