映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「アイアムアヒーロー」アメリカに上陸、監督・佐藤信介が海外での手応え語る

288

SXSW 2016にて「アイアムアヒーロー」舞台挨拶に登壇した佐藤信介。

SXSW 2016にて「アイアムアヒーロー」舞台挨拶に登壇した佐藤信介。

大泉洋の主演作「アイアムアヒーロー」が、米テキサス州オースティンで開催中のSXSW 2016にて現地時間3月16日に上映され、監督の佐藤信介が出席した。

23時過ぎの上映前に開催されたこの舞台挨拶。佐藤は「英語があまり得意ではないけど……」と前置きしながら「遅い時間に観に来てくれてありがとう。楽しんでもらえたらうれしいです」と集まった観客へ英語でメッセージを送った。

海外での反応について、佐藤は「すごくよかったです。みんな(作品に)入り込んで観てくれたのでうれしかった」と述べる。第48回シッチェス・カタロニア国際映画祭では最優秀特殊効果賞と観客賞、第36回ポルト国際映画祭では観客賞とオリエンタルエクスプレス特別賞を受賞した本作。アメリカでの評判も上々なようで、佐藤は「みんな笑って手を叩いて観てくれた。すごく手応えがありましたね」と喜ぶ。なお本作は、3月末に開幕する第34回ブリュッセル・ファンタスティック国際映画祭へ出品されることも決定している。最後に今後の海外展開に関して、佐藤は「まだわからないですね。配給はいくつか決定しているらしいんですけど、ほかにも決まっていくといいなと思っています」とコメントした。

花沢健吾の同名マンガを実写映画化した「アイアムアヒーロー」は、謎のウイルスに感染した“ZQN”がはびこる世界で、生き残りを懸けて戦う者たちを描くサバイバルホラー。大泉のほかには有村架純、長澤まさみらが出演に名を連ねる。4月23日より全国でロードショー。

(c)2016 映画「アイアムアヒーロー」製作委員会 (c)2009 花沢健吾/小学館

映画ナタリーをフォロー