映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「バットマン vs スーパーマン」に日本からTAOが謎の秘書役で参戦

48

「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」

「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」

3月25日より公開される「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」。このたび同作に出演しているTAOの場面写真が公開された。

本作は、ともに人類のために戦い続けたバットマンとスーパーマンがそれぞれの正義のために激突するアクションエンタテインメント。バットマンをベン・アフレック、スーパーマンをヘンリー・カビルが演じ、「300<スリーハンドレッド>」のザック・スナイダーが監督を務めた。

このたび解禁されたのは、「ウルヴァリン:SAMURAI」にマリコ役で出演したTAOの姿を捉えた場面カット。TAOの役どころは、バットマンとスーパーマンとの関係に不穏な空気が流れる中、彼らの周囲で謎の動きを見せる男レックス・ルーサーの秘書、マーシー・グレイブスだ。画像からは“USAMRIID=アメリカ陸軍感染症医学研究所”と刻印された謎の物体を運んでいることがわかる。本作への出演についてTAOは「全世界で人気の2人のスーパーヒーローが初めてスクリーンで対決するという歴史的な超大作に出演でき、信じられないくらいうれしかったです、本当に光栄に思いました。監督が私のモデル時代のある写真がすごく気に入ったようで、そこからインスパイアされ、劇中では黒縁のメガネをかけています」と喜びのコメントを寄せた。

「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」は、3D / 2D / IMAXで全国ロードショー。

(c)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENTINC., RATPAC-DUNEENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

映画ナタリーをフォロー