映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

観に来てにゃん!風間俊介&松岡茉優「猫よん。」初日挨拶で猫トーク

124

「猫なんかよんでもこない。」初日舞台挨拶の様子。

「猫なんかよんでもこない。」初日舞台挨拶の様子。

1月30日に「猫なんかよんでもこない。」の初日舞台挨拶が東京・TOHOシネマズ新宿にて行われ、同作に出演する風間俊介つるの剛士松岡茉優、監督の山本透、原作マンガを描いた杉作、主題歌「Morning sun」を担当するSCANDALが登壇した。

舞台挨拶は映画上映前に行われ、登壇者たちは思い思いに見どころや公開初日を迎えた心境をトーク。風間は「黒猫のクロをトレーニングするシーンがあって、僕が宅急便を受け取りにいくときに一言『お前サボるなよ!』って言って出ていくと、その瞬間にサボることがあって。台本にはなかったあいつらのアドリブが天才的だった!」と共演者である猫の天才的な一面を語り、つるのは「僕が寝るシーンがあったんですけど、猫がなかなか言うことを聞かず、待っている間に本当に寝てしまったことがありました。リアルなお芝居になって」とほほえましいエピソードを語る。すると風間が「つるのさんのいびきでNGが出たことがありましたよね」と暴露し劇場内が笑いで包まれた。

松岡が「猫と関わりのない人生を歩んできた私に、風間さんが猫の扱いやたくさんのことを教えてくれました。今後、尊敬する先輩として風間俊介氏のお名前を挙げさせていただいていいでしょうか?」とハキハキと語ると、風間が「『今日の占いで人を褒めるとあなたの運気がアップする』って書いてあったってさっき裏で言ってましたよね?」とすかさずツッコミを入れる。それに対し松岡は「関係ないっすよ! 先輩!」と全力で否定。風間が「わかった!」と返すと客席から爆笑が起こった。

山本は「猫があまりにも言うことを聞かないので、ヤバイ本書いちゃったかなと思ったんですが、風間くんと話し合いながら猫と寄り添って撮っていくことにしました。そしたらありえないくらい自然な表情が撮れるようになった」と撮影時に印象的だったことを披露。原作者の杉作は映画に出演していることを明かし、「ちょっとだけ出てます……定食屋の……親父的な」と自ら照れ臭そうにネタばらしをしていた。

SCANDALは舞台挨拶の途中から登場し、HARUNA(Vo, G)が「本当に猫たちがかわいかった! でも撮影は大変でしたよね……」と監督や出演者たちを労うと、風間が「すべてが猫中心で、猫様でした(笑)」と返す一幕も。また風間は主題歌について「日曜の午前中というか、すごい自然になれる幸せな無防備な時間というか、居心地のいい曲だな、映画にぴったりだなって思いました。本当にありがとうございました。」と絶賛していた。

なお映画のストーリーにちなんで司会者が「今後家族になりたい動物はいますか?」と尋ねると、風間は「プレーリードッグかな。あのちょこんと感っていうんですかね。今年で33歳なんですが、あのちょこんと感が僕も欲しいんですよね」と答え、つるのは「猫も犬も子供もたくさんで、第5子も生まれるのでこれ以上は飼えません!」と断言。松岡は犬派であることを語りつつ、映画の撮影を通して猫の魅力に触れたことを告白する。杉作が「小さいトカゲとか、カナヘビとか」と答えると、風間が「じゃあ今度は『トカゲなんかよんでもこない。』っていう作品を描くんですか?」と質問して登壇者の笑いを誘った。

最後に風間は「本当に素敵な作品がついに公開になりました。人生においてつらいとき、傍に何がいてくれるかによってその人の人生は大きく変わってくると思んですね。この映画はそれが猫だったわけですが。つらいとき自分の隣にこの人がいてくれた、これからつらいときにこの人が自分を支えてくれるかもしれない……そんな大切な人と一緒に観てくださったらうれしいです」とコメント。フォトセッションでは全員が「観に来てにゃん!」と猫のポーズを決めながら撮影に応じ、和やかな雰囲気の中で舞台挨拶を終えた。

(C)2015杉作・実業之日本社/「猫なんかよんでもこない。」製作委員会

映画ナタリーをフォロー