映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

セザール賞ノミネーション発表、アルノー・デプレシャン新作が最多11部門候補に

63

「あの頃エッフェル塔の下で」 (c)JEAN-CLAUDE LOTHER - WHY NOT PRODUCTIONS

「あの頃エッフェル塔の下で」 (c)JEAN-CLAUDE LOTHER - WHY NOT PRODUCTIONS

フランスのアカデミー賞にあたる映画賞、第41回セザール賞のノミネーションが現地時間1月27日に発表された。

最多11部門へノミネートを果たしたのは、アルノー・デプレシャンの監督作「あの頃エッフェル塔の下で」。同作はデプレシャンが手がけた「そして僕は恋をする」にて、マチュー・アマルリックが演じた大学講師ポールの初恋をノスタルジックに描いた作品。作品賞、監督賞のほか、ポールの青年期を演じたカンタン・ドルメールが有望若手男優賞、初恋の相手・エステルを演じたルー・ロワ=ルコリネが有望若手女優賞にそれぞれノミネートされた。

また日本公開が決定している作品からは、第68回カンヌ国際映画祭パルムドール受賞作「ディーパンの闘い」、実在した“音痴な歌姫”を描く「偉大なるマルグリット」、第88回アカデミー賞外国語映画賞の候補作「裸足の季節」が主要部門の候補に挙がっている。

第41回セザール賞授賞式は、現地時間2月26日に開催される。主な受賞結果は以下の通り。

作品賞

「あの頃エッフェル塔の下で」 / 「ディーパンの闘い」 / 「偉大なるマルグリット」 / 「裸足の季節」 / 「Fatima(原題)」 / 「The Measure of a Man(英題)」 / 「Mon Roi(原題)」 / 「Standing Tall(英題)」

監督賞

アルノー・デプレシャン「あの頃エッフェル塔の下で」 / ジャック・オディアール「ディーパンの闘い」 / グザヴィエ・ジャノリ「偉大なるマルグリット」 / デニズ・ガムゼ・エルギュヴェン「裸足の季節」 / マイウェン「Mon Roi(原題)」 / ステファン・ブライズ「The Measure of a Man(英題)」 / エマニュエル・ベルコ「Standing Tall(英題)」

主演女優賞

カトリーヌ・フロ「偉大なるマルグリット」 / ルーブナ・アビダル「Much Loved(原題)」 / エマニュエル・ベルコ「Mon Roi(原題)」 / セシル・ドゥ・フランス「Summertime(原題)」 / カトリーヌ・ドヌーヴ「Standing Tall(英題)」 / イザベル・ユペール「Valley of Love(原題)」 / ソリア・ゼルーアル「Fatima(原題)」

主演男優賞

ジェスターサン・アントニーターサン「ディーパンの闘い」 / ジャン=ピエール・バクリ「The Very Private Life of Mister Sim(英題)」 / ヴァンサン・カッセル「Mon Roi(原題)」 / フランソワ・ダミアン「The Cowboys(英題)」 / ジェラール・ドパルデュー「Valley of Love(原題)」 / ヴァンサン・ランドン「The Measure of a Man(英題)」 / ファブリス・ルキーニ「Courted(英題)」

映画ナタリーをフォロー