映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

押井守が宮崎駿や高畑勲らについて歯に衣着せず語る書籍、神山健治との対談も

135

押井守のインタビューをまとめた書籍「押井言論 2012-2015」が、明日2月2日に発売される。

計656ページにおよぶ本書は、押井の有料メールマガジン「世界の半分を怒らせる」にて配信された3年分のインタビューに加筆、修正を加え、追加取材を行ったもの。映画論や創作論、人生観、さらには同業者への怒りとあきらめなどが語られている。また誌面には「宮崎駿が考える『大衆』なんてどこにもいない」「高畑勲は『実人生』を生きたことが一度もない」「鈴木敏夫はろくなものを作ってない」といった衝撃的な発言が並ぶ。

なお書籍には押井主宰の押井塾に参加していたアニメーション監督・神山健治との対談も掲載。神山が手がけた「009 RE:CYBORG」について語り合う。

押井言論 2012-2015

サイゾー 2016年2月2日(火)発売
価格:5400円

映画ナタリーをフォロー