映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

映画「珍遊記」ばばあ役は笹野高史!倉科カナ、溝端淳平、ピエール瀧らも参戦

378

「珍遊記」キャラクタービジュアル。上段左から玄奘役の倉科カナ、龍翔役の溝端淳平、変身前の山田太郎役のピエール瀧。下段左からじじい役の田山涼成、ばばあ役の笹野高史、中村泰造役の温水洋一。(c)漫☆画太郎/集英社・「珍遊記」製作委員会

「珍遊記」キャラクタービジュアル。上段左から玄奘役の倉科カナ、龍翔役の溝端淳平、変身前の山田太郎役のピエール瀧。下段左からじじい役の田山涼成、ばばあ役の笹野高史、中村泰造役の温水洋一。(c)漫☆画太郎/集英社・「珍遊記」製作委員会

松山ケンイチが主演を務める映画「珍遊記」の追加キャストが発表され、あわせてキャラクタービジュアルが公開された。

本作は、漫☆画太郎のマンガ「珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~」を、「地獄甲子園」の山口雄大が実写映画化したもの。お笑いトリオ・鬼ヶ島のおおかわらと、テレビアニメ「おそ松さん」のシリーズ構成を手がける放送作家・松原秀が脚本を担当し、松山演じる“天下の不良少年”山田太郎と、彼を嫌々ながら引き取った坊主・玄奘が天竺を目指す姿をコミカルに描き出す。

今回発表されたキャストは玄奘役の倉科カナをはじめ、太郎に恨みを抱く映画オリジナルキャラクター龍翔役の溝端淳平、太郎の育ての親・じじい役の田山涼成、その妻・ばばあ役の笹野高史、画太郎作品ではおなじみの世界最強の武闘家・中村泰造役の温水洋一、変身前の太郎役のピエール瀧の6人。同時に公開されたキャラクタービジュアルからは、本編の独創的な世界観が読み取れる。

倉科は「玄奘を演じ少し時間が経った今、私は…なんてハレンチなセリフを言っていたんだろう? 隣には真ッ裸の松山ケンイチさん……それが当り前の現場。やはり凄い作品に参加してしまったなと……思いました」とコメント。山田洋次作品の常連役者でもある笹野は「映像で女性としてのおばあさんを演じることに憧れておりました。ところがなかなか実現しませんでした。今回、やっと有難くもお役を頂戴いたしまして、ありがとうございました」と喜びを明かす。一方、画太郎と親交の深い瀧は「正直、特殊メイクをした自分を見て、『これ、俺じゃなくてもいいんじゃないか…』と思いました(笑)」と本音を語っている。

映画「珍遊記」は、2月27日より東京・新宿バルト9ほか全国でロードショー。

倉科カナ コメント

オファーを受けて

「倉科さん、映画のオファーが来てるんですが…」最初、事務所の方が珍遊記の台本を恐る恐る私に渡したのをとてもよく覚えています。まあまあ下品なセリフのオンパレードなこの物語。マネージャーさんの心配はよそに、私は「お下劣な……でもどこか胸が熱くなるこの物語に、山口監督、松山さんをはじめとする濃い個性の俳優さん方と一緒なら素直に参加してみたい」と思いました。確かにお下劣だけど……このチームなら何かミラクルが起こるんじゃないか?!そんな希望を私は感じお受けしました。

玄奘を演じてみて

玄奘を演じ少し時間が経った今、私は…なんてハレンチなセリフを言っていたんだろう? 隣には真ッ裸の松山ケンイチさん……それが当り前の現場。やはり凄い作品に参加してしまったなと……思いました。

楽しみにしているファンにむけて

映画での玄奘は原作とキャラクターも異なりますが、太郎との関係性も新しくとても愉快なものになっていると思います。ぜひ、劇場で大いに笑いに笑っていただければ幸いです。

溝端淳平 コメント

オファーを受けて

こんなに実写化するのが想像できない作品はないなと思いました(笑)でも、だからこそやり甲斐があるし、大きなチャレンジでもあると思います。お話をいただいてすぐやらせてもらいたいと思いました!

龍翔を演じてみて

自称太郎のライバルであり、太郎に尋常じゃないくらいの恨みをもっている龍翔は演じていて凄くやりがいがありました。オリジナルの役ってこともあり監督や脚本家の方と、毎日話し合って現場でそれを具現化していく作業は充実してました。どこまで振り切れるのか???その限界にも挑戦し続ける毎日は楽しかったです。

楽しみにしているファンにむけて

これだけ濃くてインパクトのある原作ですから、ファンの方も思い入れが強い方も多いとは思いますが、漫☆画太郎先生の前衛的な画力に負けないような作品に仕上がるように撮影に臨みました。沢山の方に見ていただけたら幸いです!

田山涼成 コメント

オファーを受けて

山口監督の名前を見て
いつも僕を若返させる方なので。

じじいを演じてみて

ほんと、またバカ(超越演技)を楽しませてもらえた。役はじじいだったが、心は20才だった。ははは!

楽しみにしているファンにむけて

今、考えられる、日本の面白い俳優が全員そろって「バカ」を楽しんでいます! よろしくお願いします。

笹野高史 コメント

オファーを受けて

映像で女性としてのおばあさんを演じることに憧れておりました。ところがなかなか実現しませんでした。今回、やっと有難くもお役を頂戴いたしまして、ありがとうございました。嬉しゅうございます。なにより監督様の御英断に、敬意を表します。

ばばあを演じてみて

じじい役の田山さんの、濃厚な色気のお陰様で、何とか演りきれました。

楽しみにしているファンにむけて

原作のばばあは大変な人気と聞いております。原作のイメージも保ちつつ、私も二人の祖母の面影を追いながら演じさせて頂きました。いかがでしたでしょうか。

温水洋一 コメント

オファーを受けて

素直にうれしかったのと、また画太郎先生の作品に出られる喜び。山口監督とも3度目なので撮影を楽しみにしてました。

中村泰造を演じてみて

原作になるべく近いようにやりました! 山口監督なら絶対に「珍遊記」をクソ素晴らしい実写にできると信じて! 深夜のアクションシーンの撮影は予想通り大変ではありましたが、松山君と楽しくできました。アチョー!

楽しみにしているファンにむけて

あの「珍遊記」ですよ! みなさんが期待する素晴らしい糞ちんこ作品になってると思いますので、お楽しみに!

ピエール瀧 コメント

オファーを受けて

画太郎作品の映画化に出演できるのは光栄です。

変身前の山田太郎を演じてみて

正直、特殊メイクをした自分を見て、「これ、俺じゃなくてもいいんじゃないか…」と思いました(笑)

楽しみにしているファンに向けて

当時ジャンプ誌上で連載を読んでいた皆さんにとって、珍遊記に電気グルーヴの僕が出演することは、必然に感じると思います。因果応報とも言えます(笑)

山口雄大 コメント

倉科カナについて

ともすれば男オンパレードになりがちな画太郎作品の中で玄奘は清涼剤にしたいと思い、最初から女性で考えていたのですが、重要なのはスキンヘッドの似合う女優さんでした。倉科さんの名前が上がり、合成写真で検討してみるとドンピシャで。彼女しかいない!と惚れ込んでしまいました。放送禁止用語なども連発する役柄ですが、躊躇することなく演じていただけました。怒ってません?(笑)

溝端淳平について

龍翔は映画オリジナルキャラであり、原作にない物語を牽引する役柄、そして画太郎作品に似合わないイケメンキャラということで、慎重にキャスティングする必要がありました。見た目の絢爛豪華さはもちろんのこと、それを一気に地に落とし込める振り幅のある人。溝端さんはバイタリティのある人で、現場でもいろいろアイデアを出し膨らましてくれましたし、壮大なカラ回りキャラを本気で演じてくれました。

田山涼成について

田山さんは何度かご一緒させていただいていまして、これまでもヅラ刑事、ゲイ知事と、エキセントリックなキャラクターを体現していただきましたので今回は、ズバリ「じじい」ということで。なんの問題もありませんでした(笑)

笹野高史について

当初女優さんをキャスティングに考えていたのですが、嫌味なく生々しくなく演じてもらえる人になかなか出会えず、難航していました。ところが笹野さんの方から「ばばあ役がやりたい」とおっしゃってくださって、「そのテがあったか!」と目から鱗でした。問題の、田山さんとのベッドシーン(?)も色気たっぷりに演じていただきました。

温水洋一について

すでに画太郎作品では「ハデー・ヘンドリックス物語」という短編でタイトルロールを演じてもらっていたので、今回も絶対出てもらいたいキャストの一人でした。というか、ほぼ画太郎さんの絵のままですよ、この人(笑)。今回は初期画太郎作品でおなじみのキャラを泥酔状態で演じています。

ピエール瀧について

瀧さんも画太郎作品といえば、絶対出てもらいたい人でした。「ハデー・ヘンドリックス物語」では刑事役を演じてもらったのですが、その試写の帰りに「もっとヘンな役が良かったなー!」と捨てセリフを残して帰って行ったのを覚えていたので、「はい、ヘンな役です」という僕からの返答です(笑)。顔面を覆う特殊メイクでほぼグリーンバックの撮影で演じてもらったのですが、その表情の豊かさにビックリしましたし、独特の笑い方など、画太郎作品の正確な再現を試みていました。

映画ナタリーをフォロー