映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

カトリック教会のスキャンダル暴いた記者たちを描く「スポットライト」公開

39

「スポットライト(原題)」 Photo by Kerry Hayes (c)2015 SPOTLIGHT FILM, LLC

「スポットライト(原題)」 Photo by Kerry Hayes (c)2015 SPOTLIGHT FILM, LLC

「扉をたたく人」「靴職人と魔法のミシン」のトム・マッカーシー監督最新作、「スポットライト(原題)」の日本公開が決定した。

本作は、アメリカの新聞ボストングローブによるカトリック教会のスキャンダル報道をもとにした社会派ドラマ。子供たちへの性的虐待を行っていた神父とその事実を看過し続けた教会の共犯関係を、幾多の困難にぶつかりながらも暴いていくボストングローブ記者たちの姿を描く。出演は「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」のマイケル・キートン、「フォックスキャッチャー」のマーク・ラファロ、「アバウト・タイム~愛おしい時間について~」のレイチェル・マクアダムスら。

「スポットライト」は、4月より東京・TOHOシネマズ みゆき座ほか全国で公開。

映画ナタリーをフォロー