映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

黒川芽以、「愛を語れば変態ですか」劇中でも舞台挨拶でもチャンカワイを翻弄

70

「愛を語れば変態ですか」初日舞台挨拶の様子。左から福原充則、Wエンジンのチャンカワイこと川合正悟、キングオブコメディの今野浩喜、黒川芽以、野間口徹、栩原楽人、永島敏行。

「愛を語れば変態ですか」初日舞台挨拶の様子。左から福原充則、Wエンジンのチャンカワイこと川合正悟、キングオブコメディの今野浩喜、黒川芽以、野間口徹、栩原楽人、永島敏行。

愛を語れば変態ですか」の初日舞台挨拶が本日11月28日、東京・新宿ピカデリーにて行われ、キャストの黒川芽以野間口徹キングオブコメディ今野浩喜栩原楽人Wエンジンのチャンカワイこと川合正悟永島敏行、監督の福原充則が登壇した。

本作は、劇団ピチチ5を主催する福原が作、演出を手がけた舞台「キング・オブ・心中」をもとにした恋愛コメディ。世界中を幸せにするために次々と男を惑わすあさこと、彼女に翻弄される5人の男たちの騒動を描く。どんな男も拒まないあさこを黒川が、彼女のことをどこまでも理解しようとする優しい夫を野間口が演じる。

上映前に行われた舞台挨拶の中で黒川は「たくさんの方に集まっていただけて本当にうれしく思います。楽ーな気分で楽しめる映画になっているので、楽しんでいってください」と挨拶。本作を試写室で観たという永島は「試写室で笑い声が出ることってなかなかないんですけど、笑ってくれている人が多くてうれしかったです」と振り返った。

本作の特徴的なタイトルを聞いたときの感想について黒川は「このタイトルは、あさこの劇中でのセリフなんです。福原さんの言葉のチョイスは素晴らしくて、これ以外にもタイトルになりそうなセリフがたくさん出てくるんです」と声を弾ませる。続けて黒川が「天才と思ってます」と賞賛を贈ると、福原は絞り出したような声で「ありがとうございます」と述べ、恐縮した様子を見せる。

現場でのエピソードを聞かれた野間口は「監督から何も要求されていないのに、やり過ぎて肋骨を折ってしまったんです」と告白。「劇中でリアルなのか、演技なのかわからないような苦悶の表情を見せていると思うので、注目してください」と冗談交じりに作品をアピールする。一方、本作で監督デビューを果たした福原は、どの瞬間も思い出に残っていると語り「子供の頃から、映画監督になりたかったんです。それはウルトラマンになりたいとか、仮面ライダーになりたいといった気持ちに近くて、だから映画監督に変身できて本当にうれしい」と噛みしめるように言葉を重ねる。

同じ質問に対して黒川は、クリスマスシーズンに撮影していたことに触れ「合間の時間はチャンさんと2人でガールズトークをしていましたね」とコメント。「キュートな方だなと思いながら会話していました」と述べる黒川に、川合が「えっ!? 本当ですか、結婚してしまいましたよ。もっと早く言ってくれたら……」と残念がり、観客の笑いを誘った。

映画ナタリーをフォロー