映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

金子理江×吉村界人W主演、MOOSIC LAB作品賞「いいにおいのする映画」が単独公開

116

若手監督とミュージシャンがコラボする映画祭、MOOSIC LAB 2015にてグランプリを含む6つの賞を獲得した「いいにおいのする映画」の単独劇場公開が決定。本日11月24日に公式サイトもオープンした。

この映画は「笑門来福」の監督・酒井麻衣が、Ruinsの吉田達也らが参加するバンドVampilliaの演奏に惚れ込みメガホンを取った作品。魔法使いになりたいと願う夢見がちな少女レイが、幼なじみのカイトとの再会やVampilliaとの出会いを経て照明技師を目指す姿を描き出す。ミスiD2015グランプリの金子理江と「百円の恋」の吉村界人がダブル主演を務め、アイドルグループ・ジュネス☆プリンセスの中嶋春陽が映画初出演を果たした。またVampilliaのメンバー11名が本人役で出演している。

この単独公開決定を受け、酒井は「魔法や夢なんてこの世にないかもしれないと挫けそうになった時に、Vampilliaのライブを観て感動して『もう一度信じよう』と思ってこの映画を作りました」とコメント。さらに「夢を諦めかけている人、迷っている人に観てほしいと思っています。1人でも多くの方に届きますように」とメッセージを寄せた。

「いいにおいのする映画」は2016年2月6日より東京・新宿シネマカリテほか全国順次公開。

酒井麻衣 コメント

魔法や夢なんてこの世にないかもしれないと挫けそうになった時に、Vampilliaのライブを観て感動して「もう一度信じよう」と思ってこの映画を作りました。 金子理江さん、吉村界人さん、Vampilliaさん、中嶋春陽さんという最高のキャストに、頼りない私を支え、導いてくださったスタッフの皆さん(=私にとってはみんな魔法使いそのものでした)、CAMPFIREで支援してくださった皆さん、色んな方の力が集まって何とか完成させられた映画が、MOOSIC LABで賞を頂き、こうして単独での公開となって、本当に魔法にかかったような気持ちです。夢を諦めかけている人、迷っている人に観てほしいと思っています。1人でも多くの方に届きますように。どうぞ宜しくお願い致します。

映画ナタリーをフォロー