映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

「知らない、ふたり」舞台挨拶、NU'ESTレンが日本映画初出演について語る

122

左から芹澤興人、韓英恵、青柳文子、レン(NU'EST)、今泉力哉。

左から芹澤興人、韓英恵、青柳文子、レン(NU'EST)、今泉力哉。

本日10月23日、東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて「知らない、ふたり」のワールドプレミア上映と舞台挨拶が開催され、キャストのレン(NU'EST)、青柳文子韓英恵芹澤興人、監督の今泉力哉が登壇した。

本作は、現代を生きる7人の男女のそれぞれの想いが絡み合う群像劇。今泉曰く「男女の恋愛における”想いの差”について描いた」とのことだ。人との関わりを避けて生活している主人公レオンを演じるのは、日本映画初主演を果たすレン。さらに、レオンの同僚で彼に片思いする小風役を青柳、酔って公園でレオンに絡む女性ソナ役を韓、車椅子で生活する荒川役を芹澤、その恋人の加奈子役を木南晴夏がそれぞれ演じる。

大きな歓声の中登場したレンは、日本映画初出演について感想を聞かれると「最初は不安だったんですが、監督をはじめスタッフの皆さんが親切だったので自然に演技をさせていただくことができました」と流暢な日本語で答えた。その発言を受けて、青柳は「初めはレンさんに対して暗くて静かな方というイメージを持っていたんですが、実際は、休憩中に歌ったり、踊ったりしてとても明るいんです。しかも、日本語が少し下手な感じがかわいくて、撮影現場を和ませてくれました」とコメント。レンとは逆に韓国語での演技にチャレンジした韓は「監督は独特のセリフ回しで男女の恋愛関係を語るので、それを韓国語で表現することが一番難しかったです。しかも、セリフのほとんどは韓国語だったので本当に大変でした」と撮影を振り返る。

そして今泉は「韓国の人気グループNU'ESTのメンバーと初めて一緒に制作するという点では、自分自身にとってとても大きな挑戦となりました。ぜひ楽しんでいってください」と謙虚ながら、熱い思いを語った。

「知らない、ふたり」は、2016年1月9日より東京・新宿武蔵野館ほか全国順次公開。

※記事初出時、コメントの記述に一部誤りがありました。お詫びして訂正します。

映画ナタリーをフォロー