超特急、主演作「サイドライン」携え7色のスーツで京都国際映画祭に登場

230

10月15日、京都国際映画祭2015の特別招待作品である「サイドライン」のオープニングセレモニーが京都・祇園甲部歌舞練場にて行われ、主演を務めた7人組の男性グループ・超特急、監督の福山桜子が出席した。

左からコーイチ、カイ、リョウガ、タクヤ、福山桜子、ユーキ、ユースケ、タカシ。(写真提供:SDR)

左からコーイチ、カイ、リョウガ、タクヤ、福山桜子、ユーキ、ユースケ、タカシ。(写真提供:SDR)

大きなサイズで見る(全14件)

会見に臨む超特急。(写真提供:SDR)

会見に臨む超特急。(写真提供:SDR)[拡大]

メンバーそれぞれのイメージカラーを基調としたスーツに身を包み、福山とともにレッドカーペットを歩いた超特急。リーダーのリョウガは「僕たちの初めての主演映画で、こうやって映画祭に出演できてうれしく思います」と挨拶し、作品については「7人が問題を抱えつつも1人の少女と出会い、力をあわせて奇跡を起こす話です。観る方に勇気と元気、そしてエールを送っているのでそれが伝わればと思います。7人それぞれに見どころがあり、7通りの楽しみ方がある映画です」と語った。

レッドカーペットを歩く超特急。(写真提供:SDR)

レッドカーペットを歩く超特急。(写真提供:SDR)[拡大]

「サイドライン」は、ひょんなことからチアリーディングに挑むことになった幼なじみの青年7人の奮闘を描く青春映画。10月31日より全国公開される。

この記事の画像・動画(全14件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

超特急のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 サイドライン / 超特急 / 福山桜子 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。