演技は99点!超特急主演「サイドライン」劇中写真公開、気合いのチア姿も

45

10月31日に全国公開が決定した超特急の初主演映画「サイドライン」の、ストーリーと場面写真が公開された。

劇中でチアに初挑戦した超特急。(c)『サイドライン』製作委員会

劇中でチアに初挑戦した超特急。(c)『サイドライン』製作委員会

大きなサイズで見る(全12件)

「サイドライン」は、それぞれバラバラの人生を歩んでいた幼なじみの青年7人が再会して団結し、1人の少女のためにチアリーディングで奇跡を起こす物語が描かれる。7人の役柄は同じ町内会の青年団という設定で、神社の息子・大悟をユースケ、大悟の従兄・賢将をコーイチ、神社に居候している保育士の日向をリョウガが演じ、カイはアメリカ留学から戻ってきた工科大生・宇宙を、タクヤは花屋の息子・信矢を、ユーキは八百屋の息子・貴章を、タカシはショッピングモールのオーナーの息子・博巳を演じている。

劇中でチアに初挑戦した超特急。(c)『サイドライン』製作委員会

劇中でチアに初挑戦した超特急。(c)『サイドライン』製作委員会[拡大]

また先日記者会見が行われ、超特急のメンバーは映画についてそれぞれコメント。「初主演」について感想を求められたコーイチは「僕はグループの中ではバックボーカル担当なので『“メイン”でやらせてもらえるんだ!』という感想を持ちました」と答え、超特急に加入する前に俳優経験のあるタクヤは「超特急に入ってからは、どんな形でもいいから7人で演技をやってみたいという小さな夢を持っていた」と明かし「その夢が叶って、しかも7人で主演。感動しました」と喜びをあらわにする。

「サイドライン」 (c)『サイドライン』製作委員会

「サイドライン」 (c)『サイドライン』製作委員会[拡大]

また初挑戦の演技に関してはメンバーそれぞれに苦労ややりがいを感じていたと言い、カイは「クールであまりしゃべらない役だったので、自分がスクリーンの中にいる理由を見つけることが大変でした。でもそれが楽しくもあった」と述べる。またユーキは撮影初日にカメラマンから厳しい指導を受けたことを照れながら明かしたが「学ぶことばかりだったけど、クランクアップは楽しく迎えられました。演技をもっと知りたいなって思いました」と笑顔を見せた。タカシは「僕は緊張しいなので役に入り込めるか不安だったんですけど、いざやってみると役柄に感情移入できたので、演技って楽しいなって思いました」と語った。

また物語のクライマックスでは、7人によるチアリーディングが披露される。彼らは通常は3カ月ほどの練習を要する技を約10日間の特訓で完成させた。コーイチは「新しいことに挑戦して達成できたことへの喜びがすごかったですね」と手応えを語る。そしてチアの大技・スタンツで一番上に立つ“トップ”のポジションを担ったのはタクヤとユーキ。タクヤは「上に関しては楽しくて仕方なかったです! 僕らを持ち上げる人は筋力を使うし、毎回申し訳ない気持ちになるんだけど……今までに見たことのない景色を見れました」と語り、ユーキも「どれだけベース(トップを持ち上げるポジション)に負担をかけないかってことを考えてました」と続ける。

映画「サイドライン」の会見を行った超特急。

映画「サイドライン」の会見を行った超特急。[拡大]

記者から「自身の演技に点数をつけるなら?」と問われると、ユースケは「99点! 満足しちゃいけないと思うし、もっと先があると思うし。自分に点数をつけられるような演技はまだまだだとも思うので、これから先があると信じて!」と力強く語る。リョウガは「僕らは普段バカなことを全力でやっているグループなので、真面目で厳しい演技の世界に挑むのは不安があったけど……やってみるといろいろな楽しみを見つけられたし、楽しく務めることができました!」と自信をのぞかせた。会見の締めに「次に演技のオファーがあったらどうする?」と司会者に問われると、7人は声をそろえて「絶対やります! 断る理由がない!」と即答していた。

本作には主演の超特急のほかに、真琴つばさ山崎銀之丞浅見れいな舘形比呂一チャド・マレーン岩崎未来福田麻由子らが出演。真琴はユーキ演じる貴章の母親を、舘形はタカシ演じる博巳の父親を演じている。

この記事の画像(全12件)

関連記事

超特急のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 サイドライン / 超特急 / 真琴つばさ / 山崎銀之丞 / 浅見れいな / 舘形比呂一 / 岩崎未来 / 福田麻由子 / チャド・マレーン の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。