上野樹里とリリー・フランキーがタナダユキ新作で20歳差カップルに

514

上野樹里が、タナダユキの監督作「お父さんと伊藤さん」で主演を務める。

左から伊藤さん役のリリー・フランキー、彩役の上野樹里、彩の父親役の藤竜也。(c)2015「お父さんと伊藤さん」製作委員会

左から伊藤さん役のリリー・フランキー、彩役の上野樹里、彩の父親役の藤竜也。(c)2015「お父さんと伊藤さん」製作委員会

大きなサイズで見る

「お父さんと伊藤さん」は、第8回小説現代長編新人賞を受賞した中澤日菜子の同名小説を原作とするコメディ。書店でアルバイトをして暮らす34歳の女性・彩とその恋人である20歳年上のバツイチ男“伊藤さん”のもとに、彩の父親が転がり込んできたことから始まる奇妙な共同生活をユーモラスにつづる。彩を上野、伊藤さんをリリー・フランキー、彩の父親を藤竜也が演じる。

上野は、主人公・彩を「キラキラした単純なヒロインではなく、自分の価値をそこまであげず、彼女なりに現実を見据えて生きている等身大の女性」と説明。作品の見どころについては、「リリー・フランキーさん演じる伊藤さんとの互いに自立した恋人関係や、藤竜也さん演じるどこか憎めない愛らしいお父さんとのコミカルな掛け合いを楽しんでいただけたら嬉しいです」と語っている。

「お父さんと伊藤さん」は、2016年に全国ロードショー。

上野樹里 コメント

脚本を頂いた時、登場人物たちのセリフの掛け合いがとても面白く感じました。
34歳と54歳の20歳差の恋愛をしている二人のところに、実の父親が転がり込んでくる……という特殊な設定ですが、凄くリアリティを感じました。結婚はせずに、年上の男性と心地よい距離を保ちながら、付き合っている人が年々増えてきていたり、30代半ばで老いた父親の将来を意識する年齢に差し掛かってきている人も多い世の中で、共感できる作品だと思います。私が演じた彩というキャラクターは、キラキラした単純なヒロインではなく、自分の価値をそこまであげず、彼女なりに現実を見据えて生きている等身大の女性です。リリー・フランキーさん演じる伊藤さんとの互いに自立した恋人関係や、藤竜也さん演じるどこか憎めない愛らしいお父さんとのコミカルな掛け合いを楽しんでいただけたら嬉しいです。

リリー・フランキー コメント

私が演じた伊藤さんというキャラクターは50代にして定職につかず、20歳も年の離れた彼女がいる、という設定ですが、私の周りでは伊藤さんよりダメな人間はたくさんいますね(笑)。僕も同じような年齢ですが、ちゃんとしていない50代が若い人と付き合うとまわりはどよめくんだと、今回演じてみて改めて身につまされる気がしました(笑)。
すごくユーモアがある作品になりそうで楽しみですし、理想的な存在になれない人間を描き出すのがタナダユキ監督の魅力だと思います。父、娘、彼氏、彼女……それぞれ周囲が望んでいる存在になり切れないキャラクターたちの姿は、どなたにとっても遠くない存在として、感情移入して楽しんで頂けると思います。

藤竜也 コメント

今回演じたお父さんというキャラクターは、すぐキレるし、言いたい放題の頑固親父ですが、決して嫌な人物として描かれていない。子供の前では偉そうに強がるけれど、一歩外に出れば小さく背中を丸めて歩く。すごく人間らしい人物ですね。監督は細かな言葉のニュアンスをとても大事に演出をしてくれるので完成が楽しみです。上野樹里さんはとても感受性とこだわりが強く、一生懸命な方で、リリー・フランキーさんはすごくチャーミングなので、今回の役どころは彼のバックグラウンドが効いてきそうですね。それぞれのキャラクターがとても魅力的で、タナダ監督ならではの映画になると思うので、期待していてください。

タナダユキ監督 コメント

原作を読んだ時、主人公・彩の「人の好き嫌い(おもに嫌い)が激しい」という自己分析に、この人は信用できるなと思いました(笑)。上野さん演じる彩という女性は決して立派な人間ではありません。親との関係も良好だったわけではない。けれど、居場所を無くし老いていく父に対して、空回りながらも彼女なりに生真面目に向き合おうとする、そんな彩という人物を私は尊敬しています。どの役者さんもみなさん真摯に役に向き合ってくださり、今回のスタッフ、キャストとともに、映画という、決して正解のない中での正解を探す作業は、とても贅沢な時間だったと思います。
上野樹里さん、リリー・フランキーさん、藤竜也さん、この3人がひとつの画面にいるだけで、すごく魅力的で面白いものになると思いますので、頑張って完成へ導きたいと思います。

関連記事

上野樹里のほかの記事

リンク

関連商品