アマンダ・サイフレッド来日、舞台挨拶で「パパはコメディアン」とジョーク披露

58

全国ロードショー中の「パパが遺した物語」の大ヒット記念イベントが本日10月11日に東京・新宿ピカデリーにて行われ、キャストのアマンダ・サイフレッドが出席した。

「パパが遺した物語」大ヒット記念イベントの様子。左からアマンダ・セイフライド、IMALU。

「パパが遺した物語」大ヒット記念イベントの様子。左からアマンダ・セイフライド、IMALU。

大きなサイズで見る(全20件)

アマンダ・セイフライド

アマンダ・セイフライド[拡大]

本作は「幸せのちから」で知られるガブリエレ・ムッチーノが、父と娘の強い絆を描いた人間ドラマ。生きる意味を見失った女性ケイティが、小説家だった亡き父のファンだという青年キャメロンとの出会いをきっかけに、父と過ごした日々を思い返すさまを追う。

アマンダ・セイフライド

アマンダ・セイフライド[拡大]

劇中で成人したケイティを演じたアマンダは、大きな歓声に迎えられて登場すると「『パパの遺した物語』は、私にとって大切な作品です。多くの方の心に響く映画を携えて日本に来ることができてうれしい!」と満面の笑みで挨拶。そして日本の印象を「自分とつながりがある国のように感じています」と述べ、「以前京都に行ったことがあって、お猿さんにも会いました。来るたびに日本への思いが強くなっていきますね。今回は母も連れてきました!」と明かした。

IMALU(右)の話に熱心に耳を傾けるアマンダ・セイフライド(左)。

IMALU(右)の話に熱心に耳を傾けるアマンダ・セイフライド(左)。[拡大]

本作についてアマンダは「めったにないことなのですが、脚本を読んで涙してしまったんです。父と娘の絆が時間や空間を超えて描かれているところが響きました」としみじみと語る。父を演じたラッセル・クロウについては「彼は『レ・ミゼラブル』で共演している友人」と言及しながらも、「今回は撮影のタイミングがちょうど入れ替わりで、ラッセルとは会っていないんです……」と残念そうな表情を見せた。

「パパが遺した物語」 (c)2014 FATHERS & DAUGHTERS NEVADA, LLC. ALL RIGHTS RESERVED

「パパが遺した物語」 (c)2014 FATHERS & DAUGHTERS NEVADA, LLC. ALL RIGHTS RESERVED[拡大]

ここで特別ゲストとしてタレントのIMALUが登場。IMALUが「私はアマンダさんが出ていた『ミーンガールズ』が大好きなんです!」と告げると、アマンダはうれしそうな表情に。また「役作りの秘訣は?」というIMALUからの問いに、アマンダは「役者としてやるべきなのは、キャラクターへ思いやりを持つことだと考えています」と答え、「監督がすべての場面で手を差し伸べてくれました」と撮影時を振り返る。

続いて、本作になぞらえて“パパとのエピソード”を司会者が尋ねると、お笑いタレントの明石家さんまを父に持つIMALUは「子供の頃は父とよく映画を観に行っていました。当時は字幕の漢字が読めなくて、父がすべての役を声を変えながらアフレコをしてくれたんです。その時は面白かったけど、今考えると周りの方に迷惑ですよね……」と苦笑しながら口にする。またアマンダが「私のパパもコメディアンなんです! ……家庭の中だけなんですけどね。でもユーモアがあって大好きです」とジョークを交えつつ茶目っ気たっぷりに語り、観客を魅了する一幕も。

最後にアマンダは「希望にあふれたパワフルな作品なので、もしよかったらまた観にきてください」と観客にメッセージを送る。そして去り際に「ヨロシク!」と日本語で挨拶し、イベントを締めた。

この記事の画像・動画(全20件)

関連記事

アマンダ・サイフレッドのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 パパが遺した物語 / アマンダ・サイフレッド / ラッセル・クロウ / ガブリエーレ・ムッチーノ / アーロン・ポール / ダイアン・クルーガー / オクタヴィア・スペンサー の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。