映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「orange」主題歌はコブクロの書き下ろし楽曲「未来」に決定

45

「orange-オレンジ-」の主題歌を手がけるコブクロ。(c)2015「orange」製作委員会 (c)高野苺/双葉社

「orange-オレンジ-」の主題歌を手がけるコブクロ。(c)2015「orange」製作委員会 (c)高野苺/双葉社

高野苺の同名マンガを実写映画化した「orange-オレンジ-」の主題歌をコブクロが手がけることがわかった。

「orange-オレンジ-」は、16歳の女子高生・高宮菜穂のもとに10年後の自分から手紙が届いたことをきっかけに、彼女が思いを寄せる少年・成瀬翔を救うため“今”を変えようと奮闘するSFラブストーリー。土屋太鳳が菜穂、山崎賢人が翔を演じ、そのほか竜星涼、山崎紘菜、桜田通、清水くるみらがキャスティングされた。メガホンを取ったのはドラマ「鈴木先生」を手がけた橋本光二郎。

このたび主題歌に決定したのは、コブクロが本作のために書き下ろした新曲「未来」で、リリース日は現時点では未定。コブクロは「原作『orange』を読んで、この『未来』という楽曲ができました。『未来』という言葉は、前向きにも捉えられますが、『未来は、どうなるかわからない。』という刹那な不安とも隣り合わせである事を、この物語を通して感じました」と語る。また土屋は「同級生の顔、通学路やお祭、文化祭やリレー……優しい記憶が溢れてくる、命のような歌です。どうかこの歌を聴く全ての人が、あたたかい奇跡に包まれますように」と、山崎は「言葉一つ一つがとても繊細で、切なさとあたたかさが『orange』の世界観にすごく合っていて、ものすごく胸に沁みました」とそれぞれコメントを寄せた。

「orange-オレンジ-」は12月12日より全国でロードショー。

コブクロ コメント

原作「orange」を読んで、この「未来」という楽曲ができました。「未来」という言葉は、前向きにも捉えられますが、「未来は、どうなるかわからない。」という刹那な不安とも隣り合わせである事を、この物語を通して感じました。木々の生命は、大きな幹から枝によって幾つにも分かれていきます。僕らの生きる人生、それを決める「今」も、枝のように分かれ、どちらを選ぶかで、その未来が変わります。先が見え無いほどか細い、そんな枝にも命が流れています。時に、力強く太い枝の方を選んで生きてしまいがちな日々を、か細い方にかけてみる瞬間。恋する人の心にも、夢を追う人の心にも、いつかそんな日が訪れて、その先には、見た事の無いような未来が待っているかもしれない。もし、今がどんなに辛くても、いつか辿り着く未来から今を振り返って、笑える日が来て欲しい。そんなイメージでこの歌詞とメロディーを描きました。たとえ、思いは叶わずとも、愛する人のそばにいたい。届けられなくとも、今、そばにいたい。そう願う、か細い気持ちにも、きっと強い「命」が宿っています。片恋の美しさは、永遠です。映画を通して流れるこの楽曲で、忘れていた何かを思い出してくれたらいいなと思います。

土屋太鳳 コメント

同級生の顔、通学路やお祭、文化祭やリレー……優しい記憶が溢れてくる、命のような歌です。どうかこの歌を聴く全ての人が、あたたかい奇跡に包まれますように。ずっとずっといつまでも、大切な人と笑いあえますように。

山崎賢人 コメント

言葉一つ一つがとても繊細で、切なさとあたたかさが「orange」の世界観にすごく合っていて、ものすごく胸に沁みました。この素晴らしい主題歌と共に「orange」が皆様の心に残る素敵な作品になれば嬉しいです。

橋本光二郎監督 コメント

小渕さん、黒田さんの美しいハーモニーが、劇中で手紙を通して繋がる16歳と26歳の2人の菜穂の姿に重なり、まさに映画「orange」と寄り添う楽曲です。映画同様、希望と同時に、そこはかとない不安も広がる「未来」というものが、お二人の切なくもあたたかい歌声から感じられ、とても感動しました。

映画ナタリーをフォロー