戸次重幸、主演作「ホコリと幻想」舞台挨拶で「今も夢追っている途中」と語る

162

9月26日、「ホコリと幻想」の公開初日舞台挨拶が東京・ヒューマントラストシネマ渋谷にて行われ、主演を務めた戸次重幸、監督の鈴木聖史が登壇した。

「ホコリと幻想」公開初日舞台挨拶に登壇した戸次重幸(左)、鈴木聖史(右)。

「ホコリと幻想」公開初日舞台挨拶に登壇した戸次重幸(左)、鈴木聖史(右)。

大きなサイズで見る(全15件)

戸次重幸

戸次重幸

「ホコリと幻想」は、東京から北海道・旭川に帰郷した孤独な男・松野と、彼を取り巻く人々が織りなすヒューマンドラマ。「ある夜のできごと」の鈴木聖史がメガホンを取り、主人公の松野役を戸次が演じた。

戸次重幸

戸次重幸

戸次はマスコミのフラッシュに目をしばたたかせ、市川由衣との入籍をMCから祝福されると「ありがとうございます!」と感謝。客席から飛ぶ「おめでとう!」という声にも「ありがとうございます! ありがとうございます!」と頭を下げた。

フォトセッションのため、鈴木聖史(右)とともに自らポスターの位置を調整する戸次重幸(左)。

フォトセッションのため、鈴木聖史(右)とともに自らポスターの位置を調整する戸次重幸(左)。

映画の公式Twitterを通して寄せられた「夢を追う、叶える、諦めるということをどのように捉えていますか?」という質問に、「私は、まだまだ夢に到達できていないという自覚がありまして。役者としてもっとステップアップしていきたいと思ってるんです」と答える戸次。「今も現在進行形なんですよ。“ING”ですよ。“アイム・(夢を)追いかけていティング”みたいな」と独特の表現を使って、笑いを誘う。

また、精神的にも肉体的にも追いつめられていく主人公・松野を演じるために「毎日走って体重を落としました」と話し、「撮影中は大好きなお酒もやめていたので、クランクアップしたらまっすぐ寿司屋に行ってベロッベロに酔っぱらいましたね。(そのときのことを)覚えてないんですよ」と笑った。

最後にメッセージを求められた戸次は、「映画を観ていただいたあと、お家に帰って友人・知人に『ホコリと幻想』面白かったよとメールを打つまでが皆さんの『ホコリと幻想』です」とコメント。フォトセッションでは鈴木とともに自ら映画のポスターの位置を調整し、爆笑を呼んでいた。

この記事の画像・動画(全15件)

リンク

関連記事

関連商品