宮崎駿が沖縄・久米島に子供たちの交流施設を建設予定、自然の中で遊べる場所に

162

アニメーション監督の宮崎駿による出資・監修のもと、沖縄・久米島の銭田森林公園内に子供たちの交流拠点を建設する「風の帰る森」プロジェクトが進められている。調査・企画を行うデザイン会社の久米クリエーションによれば、2年以内の完成を目指すという。

「風の帰る森」イメージ図(イラスト:久米クリエーション 田場勝治)

「風の帰る森」イメージ図(イラスト:久米クリエーション 田場勝治)

大きなサイズで見る(全2件)

銭田地区全景画(イラスト:久米クリエーション 田場勝治)

銭田地区全景画(イラスト:久米クリエーション 田場勝治)[拡大]

同プロジェクトは、地域の子供たちの遊び場となる公園や、島外の子供たちのための宿泊施設、東日本大震災で被災した子供たちの保養所など、多面的な機能を有する場所となる予定。宮崎の「子供たちが自然の中でのびのびと遊べる場所を残したい」という理念に沿って、久米島町に住む人々が作り上げていく。

宮崎の友人である陶芸家・堀野富洋が島を訪れたことがきっかけで動き出したというこのプロジェクト。施設は完成後に久米島町自治体へと寄贈され、NPO法人「風の帰る森」によって管理・運営が行われる予定。

この記事の画像(全2件)

関連記事

宮崎駿のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 宮崎駿 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。