映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

金城武、“中国版タイタニック”の会見に登場、相手役の長澤まさみを賞賛

63

「太平輪:彼岸(原題)」会見の様子。左からソン・ヘギョ、金城武、チャン・ツィイー。(写真提供:Chen Jiannan Xinhua News Agency / Newscom / ゼータ イメージ)

「太平輪:彼岸(原題)」会見の様子。左からソン・ヘギョ、金城武、チャン・ツィイー。(写真提供:Chen Jiannan Xinhua News Agency / Newscom / ゼータ イメージ)

7月22日、中国・北京で「太平輪:彼岸(原題)」の記者会見が行われ、監督のジョン・ウー、出演者の金城武チャン・ツィイーソン・ヘギョらが登壇した。

「太平輪:彼岸」は、「大平輪(原題)」2部作の後編。1949年に起きた海難事故をもとに複数の男女の物語を描き、“中国版タイタニック”と呼ばれている。前作は2014年のカンヌ国際映画祭でプロモーション活動が行われ、劇中で金城の相手役を務めた長澤まさみも出席して日本でも大きく報じられた。

SNSサイトweiboの映画公式アカウントでは北京での会見の様子を詳しく掲載。ジョン・ウーは「今回の作品の中で、主人公たちの感情はいっそう複雑な変化を迎え、各人物に人生の荒波が襲いかかります。スペクタクルシーンも前作よりパワーアップしたので、ぜひご期待を」とアピールしつつ、「水の中での長時間撮影に耐えた役者の皆さんに頭を下げたい」と感謝の意を述べた。

金城武は「自分の出ている作品を観て感情的になることはあまりないが、今回は観ながら泣いた」と明かし、長澤まさみについても「彼女が演じた雅子の純情さに感動した」と賞賛している。

「太平輪:彼岸」は中国で7月30日に公開される。日本での公開は未定。

映画ナタリーをフォロー