映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

ジョン・ウーが台湾CMで木村拓哉とタッグ、「仲のいい友達ができたよう」

306

ジョン・ウー(写真提供:Dai Tianfang Xinhua News Agency / Newscom / ゼータ イメージ)

ジョン・ウー(写真提供:Dai Tianfang Xinhua News Agency / Newscom / ゼータ イメージ)

「男たちの挽歌」「レッドクリフ」2部作の監督ジョン・ウーが、台湾観光局のCMで木村拓哉とタッグを組んだ。

このCMは「I Love Taiwan」キャンペーンの一環として“日本から近く、いつでも遊びに行ける台湾”をコンセプトに企画されたもので、10月に放送される予定。ジョン・ウーならではのモンタージュ手法が駆使され、木村が台湾と日本を行ったり来たりするという内容になっている。

撮影はすべて台湾で行われ、木村は名物の「小籠包」や「マンゴーかき氷」を実際に食した。台湾ウーロン茶を飲むシーンでは、礼儀作法や手の細かな動きを現地スタッフに質問。初日の撮影終了後に行われた野外インタビューでは突然の大雨に見舞われたが、木村が傘を持ち相合傘のかたちで取材続行となり、ジョン・ウーは照れた様子を見せていたそうだ。また、ジョン・ウー映画には必ず白い鳩が出てくるが、今回も用意されていたという。

木村拓哉 コメント

台湾とも、ジョン・ウー監督とも、今回が初めてのお仕事。
台湾の皆さんの熱く、ハートフルな歓迎には驚いたけど、嬉しかったですね。
僕も俳優として現場好きなほうですが、監督の現場に密にいらっしゃる姿に感動しました。
今回は「I Love Taiwan」のCMの撮影でしたが、もし機会があったら、また違う作品でも、“現場好き同士”で先輩の背中を見ながら勉強したいと思います。

ジョン・ウー コメント

今回のタッグが実現できて本当に嬉しいですね。
仲のいい友達ができたような気がする。
このCMのテーマは、台湾は友達が好きであること。
木村さんを撮ることは私の願いでもあったので、私にとっても、とても楽しい経験となりました。

映画ナタリーをフォロー