映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

ノンスタ井上が「M:I」スタントに挑戦、「数秒で腕がパンパン」とぼやく

47

風速30メートルの空中スタントを体験するNON STYLE井上裕介。

風速30メートルの空中スタントを体験するNON STYLE井上裕介。

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」の“イーサン・ハントの日”記念イベントが、7月13日に東京の東京タワースターライズタワーにて行われ、お笑いコンビNON STYLEの井上裕介、タレントの森星が出席した。

「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」は、CIAの特殊チーム“IMF”の活躍を描いたスパイアクションシリーズの5作目。各国の元エリート諜報部員が結成した無国籍スパイ組織“シンジケート”を倒すべく、トム・クルーズ扮するイーサン・ハントらが奮闘するさまを描く。

本イベントは、7月13日が“イーサン・ハントの日”に制定されたことを記念して行われたもの。これはシリーズ第1作の日本公開日が1996年7月13日であったことに由来する。会見の冒頭で井上は、クルーズ似のお面を付けて謎のスパイ“イーさん”として登場し、通訳の戸田奈津子を介してまるでハリウッドスターのようなふるまいを見せる。

本作のダイジェスト映像を見た井上は「男なら誰しもイーサン・ハントに憧れるでしょう!」と興奮した様子で語る。そして“ノースタント井上”として、ハントに近づくため劇中に登場した時速400キロの飛行機にしがみつくシーンのスタントを疑似体験することに。巨大扇風機が作り出した風速30mの強風に煽られた井上は、必死でポールにしがみつき、「ベンジー、ドアを開けろ!」というセリフまで再現する健闘ぶりを披露した。スタント終了後に井上は「トムは地上1500mでこの4倍の風速でやったの!? アホやろ、トム!」と驚きをあらわにし、「ほんの数秒で腕がパンパンですよ」と過酷さをアピール。

また井上は応援ゲストとして登壇した森の要望により、腹筋だけを使って脱出するシーンにチャレンジ。両手を後ろ手にポールに括りつけられた状態から、腹筋の力だけでポールを登る技に挑戦するものの、摩擦によって背中を痛める結果に。「僕が思ってる記者会見はこんなんじゃない……」と疲れた様子の井上だったが、「トムが実際にやった2つのアクションを体験して、どれだけ大変で難しいことなのかわかりました。それがわかった上で映画を観ると、また楽しみ方も変わってきますし、アクションのすごさが実感できると思います」とコメント。「皆さんも不可能を可能にするアクションを体感しながら楽しんでほしいですね」とキリッとした表情で語り、イベントを締めた。

「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」は8月7日より全国で公開される。

映画ナタリーをフォロー