武田梨奈主演「かぐらめ」主題歌は片平里菜の書き下ろしバラード

96

武田梨奈主演「かぐらめ」の主題歌を、シンガーソングライターの片平里菜が担当することが明らかになった。

「かぐらめ」メインビジュアル (c)映画「かぐらめ」製作委員会

「かぐらめ」メインビジュアル (c)映画「かぐらめ」製作委員会

大きなサイズで見る(全8件)

片平里菜

片平里菜[拡大]

主題歌として提供されたのは、片平が映画のために書き下ろしたバラード「姿」。彼女は「父と娘という関係性の気難しさが歳を重ねていつの日か信頼に変わっていく。“かぐらめ”は、家族の絆の深さを改めて思い起こしてくれる物語。主題歌のお話をいただいて、思い浮かんだのは自分の父のこと」と自身の経験をもとに楽曲を作ったことを述べている。

本日6月4日(木)放送のFm yokohama「YOKOHAMA RADIO APARTMENT カタコトラジオ」では、「姿」のフルコーラスバージョンが解禁される。また映画のトレイラー映像でも楽曲の一部が試聴できる。

「かぐらめ」は山梨の小さな町を舞台に、武田演じる菊地秋音と、大杉漣扮するその父親の葛藤と交流を通して、人間の愛情や伝統芸能の継承の大切さを伝えるヒューマンドラマ。先日大腸がんのため亡くなった今井雅之も出演している。なお映画は6月6日より山梨県内で先行上映され、秋に全国公開が予定されている。

片平里菜 コメント

父と娘という関係性の気難しさが歳を重ねていつの日か信頼に変わっていく。“かぐらめ”は、家族の絆の深さを改めて思い起こしてくれる物語。主題歌のお話をいただいて、思い浮かんだのは自分の父のこと。
南相馬に単身赴任をしていた父は、震災直後一時帰宅をするとすぐにまた緊急時避難準備区域となった街の仕事場に戻っていきました。
あの時父がどんな気持ちで家をあとにしたのか、今でもそう簡単に想像出来るものではありません。
決して弱音を吐かない無口な背中は言葉よりも語るものがあり、その姿から学ぶものは、もしかしたら直接的な愛情表現よりも大きなものかもしれません。
こうして映画“かぐらめ”の主題歌としてこの曲をおくりだせることを本当に嬉しく思っています。

YOKOHAMA RADIO APARTMENT カタコトラジオ

FM yokohama
2015年6月4日(木)22:00~23:20

この記事の画像・動画(全8件)

関連記事

武田梨奈のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 かぐらめ / 武田梨奈 / 片平里菜 / 大杉漣 / 今井雅之 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。