映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

女優賞はルーニー・マーラ、女性同士の恋描く「CAROL」にカンヌもため息

70

第68回カンヌ国際映画祭コンペティション部門の結果が発表され、「CAROL(原題)」でケイト・ブランシェットと共にメインキャストを務めたルーニー・マーラが女優賞を受賞した。

1952年のニューヨークを舞台にした「CAROL」は、「エデンより彼方に」で知られるトッド・ヘインズの監督作。離婚訴訟中の裕福な女性キャロルと、ジャーナリストを志しながらデパートのおもちゃ売り場で働くテレーズによる女性同士のラブストーリーで、現状に不安や孤独を抱いた2人の逃避行が描かれる。

女優賞の発表時にルーニーはすでにカンヌを去っていたため、授賞式にはヘインズが代理として登壇。スピーチで「ケイトやルーニーといった素晴らしい女優と一緒に仕事ができて幸せです。『CAROL』のような作品は彼女たち女優なくしては作れませんでした。特権のようなものです」と、万感の思いを語った。

なお今回のカンヌでは、マーラのほかに「Mon Roi(原題)」に出演したエマニュエル・ベルコも女優賞を受賞している。

「CAROL」は、2016年初春より全国でロードショー。

トッド・ヘインズ監督 コメント

ルーニー・マーラに代わって感謝いたします。ルーニーはすでにニューヨークに帰ってしまいました。このような賞をいただけてびっくりしています。私はとてもラッキーな監督です。ケイトやルーニーといった素晴らしい女優と一緒に仕事ができて幸せです。「CAROL」のような作品は彼女たち女優なくして作れませんでした。特権のようなものです。審査員の皆さん、本当にありがとうございます。

映画ナタリーをフォロー