映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

押井守“若者が壊れる瞬間”を凝視、「東京無国籍少女」で清野菜名が血まみれに

36

「東京無国籍少女」のワンシーン。(c)2015東映ビデオ

「東京無国籍少女」のワンシーン。(c)2015東映ビデオ

押井守の実写最新作「東京無国籍少女」のポスタービジュアルと未発表のスチール写真が公開された。

解禁されたポスターは、主演の清野菜名が血まみれで拳銃を構える衝撃的なビジュアル。またスチール写真には、担当教員を演じた金子ノブアキが清野の耳元で何かをささやいている場面や、保健医に扮したりりィが清野を後ろから抱きしめる様子などが捉えられており、妖艶な雰囲気が漂っている。

「東京無国籍少女」は女子美術高等専門学校を舞台にしたサスペンススリラー。かつて天才と賞賛されていた生徒の藍を主人公に、彼女の精神が崩壊していく過程を追う。押井は「若い人の心が壊れる瞬間は、考察に値するものだと思う」と本作の主題を語っている。

「東京無国籍少女」は7月25日より東京・新宿バルト9ほかにて全国ロードショー。

映画ナタリーをフォロー