映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

続編も進行中の「Zアイランド」、哀川翔がシシド・カフカに「噛んでやろうか?」

27

「Zアイランド」初日舞台挨拶の様子。

「Zアイランド」初日舞台挨拶の様子。

5月16日、東京・TOHOシネマズ 新宿にて「Zアイランド」初日舞台挨拶が開催。哀川翔鶴見辰吾鈴木砂羽木村祐一宮川大輔湘南乃風のRED RICE、風間俊介窪塚洋介千鳥の大悟、野性爆弾の川島邦裕、山本舞香水野絵梨奈般若シシド・カフカ次長課長の河本準一、そして監督の品川ヒロシが登壇した。 

哀川の芸能生活30周年を記念した主演作「Zアイランド」は、絶海の孤島を舞台に、元ヤクザの組長が率いるヤクザ軍団とゾンビの感染者たちが戦いを繰り広げるエンタテインメント作。イベントでは、総勢16名の登壇者たちが互いに質問を投げかけ合うコーナーが設けられた。

風間から「ゾンビになるとしたら、この中の誰に噛まれたいですか?」と聞かれたシシドは、「哀川さんですかね。楽しくゾンビになれそうなんで」と返答。哀川が勢いあまって「か、か、か、噛んでやろうか?」と口ごもると、品川から「まさか、そのセリフを噛んじゃうとは!」とツッコミが入った。

シシドからは「風間さんが演じられた“エロヤブ医者のしげる”とは、共通点はありますか?」と際どい質問が。風間は「僕も相当ムッツリスケベなので(笑)。前に出すか出さないかの違いで、大差ないと思いますよ。素でやってると思って観ていただいて大丈夫です」と堂々たる“ムッツリ”宣言で場内を沸かせた。

また、品川が「(ロケ地の)佐渡の皆さんが海の幸とかご馳走してくれたんですけど、その横に翔さんが釣り上げたアジが50匹くらいあったんです。何やってたんですか!?」と哀川を責めると、哀川は「振舞ってもらうだけじゃなくてサービスしたくなってさ。そんなことしてたら佐渡の魚大使になっちゃったよ。この前任命書ももらったよ」と得意の釣りで、地元民から認められたエピソードを明かす。

そんな中、哀川が「そういえば『Zアイランド』の続編を書いてるらしいじゃない。どうなの?」と詰め寄ると、「続編は大ヒットしないと作れないですから……」と弱気な品川。それを受けて哀川が「これは大ヒットだよな!?」と呼びかけると、客席からは温かな拍手が湧き起こった。

「Zアイランド」は全国で公開中。なお、7月にカナダ・モントリオールで開催されるファンタジア国際映画祭へ正式出品されることも決定した。

映画ナタリーをフォロー