映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

山本舞香の初主演作「桜ノ雨」、合唱部がボーカロイド楽曲を歌う特報解禁

75

「桜ノ雨」

「桜ノ雨」

CM「JR SKISKI」新シリーズのヒロインに抜擢された山本舞香が、映画初主演を務める「桜ノ雨」。本作の公開日が3月5日に決定し、あわせて特報映像がYouTubeにて発表された。

作曲家のhalyosyが、2008年にニコニコ動画で発表したボーカロイドの同名楽曲をモチーフにした「桜ノ雨」。小さな町の海辺にある高校の合唱部を軸にした青春群像劇で、halyosyが原案、「リュウグウノツカイ」のウエダアツシが監督を担当する。合唱部に所属している内気な高校2年生の遠野未来を山本が演じるほか、部長の桜音ハル役に浅香航大、テノールを担当する北村蓮役に広田亮平、副部長の美月瑠華役に久松郁実、ソプラノを担当する鹿島友梨役に三浦透子、顧問の高田芽衣子役に田畑智子が配役されている。

約30秒の特報映像は、音楽室を訪れた未来がハルから「音楽が好きならさ、合唱とかやらないかな?」と声をかけられる場面から幕を開ける。その後挿入されるのは、向かい合う未来とハルの姿、「『桜ノ雨』歌おうよ」と呼びかける未来の真剣な表情など。映像の中盤からは、35名のキャストが約2カ月間特訓を重ねた「桜ノ雨」の合唱が始まり、合唱部の部員たちが楽しげに歌う様子が捉えられていく。

(c)2015 halyosy、藤田遼、雨宮ひとみ、スタジオ・ハードデラックス/PHP研究所/『桜ノ雨』製作委員会

映画ナタリーをフォロー