しんのすけ

「ファスト映画問題から考える映画の未来」映画感想TikToker・しんのすけインタビュー

“引用”の線引は?動画クリエイターの萎縮と視聴者の疑心暗鬼

2211

6月下旬、“ファスト映画”と呼ばれる違法な動画をYouTubeに公開したとして著作権法違反の疑いで男女3名が逮捕された。映画の映像や静止画を無断で使用し、字幕やナレーションを付けた10分ほどの動画でストーリーを最初から最後まで明かすファスト映画。その数は巣ごもり需要が広がったコロナ禍の昨春から急増した。映画本編を観ないことにつながる可能性もあり、業界団体コンテンツ海外流通促進機構(CODA)の調査では被害総額は約956億円と推計されている。

今回の事例は著作権法で定められた“引用”の範囲を大幅に越える違法性、多額の広告収入を得ていた悪質性から摘発に至った。一方で引用に留まる場合は、権利元の了解なしに利用が許されるのも事実。しかし、引用の定義も「公正な慣行」「正当な範囲内」とあいまいだ。ネット上で映画を紹介することに注目が集まっている今、映画ナタリーでは映画感想TikTokerとして約48万人のフォロワーを誇るしんのすけにインタビュー。日頃より映画の著作物を使って紹介する立場からファスト映画騒動の背景と影響、そして自分なりの“引用の線引き”を語ってもらった。

取材・/ 奥富敏晴

ファスト映画が生んだ何か

──まず今回の報道を受けて、しんのすけさんが最初に感じたことをお聞きできればと思います。

展開が早すぎてちょっとびっくりしました(笑)。

──わかります。最初にファスト映画に関するNHKの報道が出たのが6月20日。その3日後に逮捕というスピードでした(関連記事:昨春から投稿急増「ファスト映画」全国初の逮捕者、業界の取り組みから摘発)。

やっとファスト映画が問題視されたっていうことに喜んだんですよ。だいぶ前から言っていて、これからどう改善されていくのか、映画会社が本気で取り組むんだなと思って。

──しんのすけさんは2020年1月の時点でファスト映画を批判する動画をTikTokに投稿されていて、その後もnoteやトークイベントなどでたびたび問題提起されていました。

最初の報道が出た20日に「これからの動向を見守りたいと思います」ってスタンスで動画を撮って次の瞬間に逮捕。動向も何もない(笑)。

@deadnosuke

ファスト映画に法的措置。漫画村の問題とはまた違うんじゃよ… #映画 #東京リベンジャーズ

♬ Cry Baby - Official HIGE DANdism

──最初の報道と逮捕でCODAの調査によると55あったチャンネルのほとんどが閉鎖されたようです。しんのすけさん自身はファスト映画が急増した2020年春の前から問題視されていたと。

そうですね。歴史に詳しいわけではないですが、ファスト映画のチャンネルって、急増する前に一度BANされてるんですよね。で、もう1回復活した歴史があって再生回数も伸び続けていた。

──最初に知ったきっかけは?

友達から動画のリンクが送られてきたんです。最初は法律どうこうではなく、最悪のものがこの世にはびこっていて、とんでもないものを見せられているなっていう感覚でした。

──映画好きの感情として非常によくわかります。著作権法違反であることは前提としつつ、映画文化的なまずさはどこに感じていましたか?

ファスト映画のダメな部分は腐るほどあって、挙げだしたらきりがない。観ていた人は10分の動画しか観る時間がないからファスト映画を楽しんでいるのではなくて、大部分はただ面白そうな映画の中身を知りたいだけだったと思います。映画の情報を知りたいという欲求を解消する、最後まで観られるあらすじ。

──観てみると、話の筋だけは最初から最後までわかります。

例えば友達から映画の話を聞いて「観る、観ない」の判断をするのに近いのかなって思いました。聞いた人が「じゃあ観ないかな」と思ってしまう流れを作るもの。もちろん口コミはいいんですが、本編の映像や静止画があることで視覚的な情報量が乗っかって、余計に観たような、知ったような気持ちになってしまうのが大きな罠で。でも「あなたが観ているものは映画ではない」ということに気付けない人は気付けないのかもしれないですね。

──友人の話は鑑賞の判断材料にはなりますけど、それだけで観た気にはならないですよね。ファスト映画の中には合計で8000万回再生されたチャンネルもあったとか。評論や考察、感想などを積極的に発信している映画系YouTuberの動画より観られていたということですよね。

平均で考えると、もう比にならないぐらいの再生回数になっていたと思います。この需要はいったいなんなのか? ファスト映画に何が求められていたのか?をインフルエンサーだけではなくて、映画業界全体が考えていかなくはいけない、といった話が最近多いんですよね。ネガティブイメージはもう出ているので、 “ファスト映画が生んだ何か”をいかにポジティブに消化していくかをずっと考えています。

──詳しく聞きたいです。

いろんな要素が合わさって、ファスト映画の需要が生まれていたことを考えないといけないと思います。今も残っている動画のコメント欄を読んで気付いたのは、YouTubeしか感想を共有するプラットフォームを知らないであろう映画好きもたくさんいること。Filmarksのようなレビューサイトや、映画ナタリーのような映画メディアをまったく知らない人が世間の9割で。

──ちょっと耳が痛いですが、そうかもしれません。

9割の人が何を知っているかと言うとYouTubeは知ってるんですよ。映画の情報を知ろうと思ったら、日常生活の中に浸透しているYouTubeかGoogleで検索する。そこの導線はめちゃくちゃシンプルなんですよね。

──なるほど。

コメント欄を観ていると動画の良し悪しじゃなくて、映画自体の感想がたくさん載ってました。僕のTikTokの動画のコメントにも「ファスト映画は感想を読めるからすごくいいです」とか「お互いの感想が言い合えるSNSを作ったらいいと思います」とあって。そもそもTwitterやFilmarksといった映画の感想を知る場所すら知らない人は多い。

──ファスト映画がYouTubeで映画の感想を書く場所としての役割を一部担ってしまっていたと。

そうだと思います。感想を吐き出す、作品に群がる場所。コミュニティとしてファスト映画が実はよくできていて、ミニシアター系でもビッグバジェットでも並列になっていて、同じ目線で観られていたのかもしれない。YouTubeのアルゴリズムを利用して、どの動画を観ても、自分たちの運営する別チャンネルの動画が関連に出てくるようにしていて。それが広告収入目的になってしまっているからダメなんですけど、システムとしては実はうまくできていて、結果的に映画と人が出会う機会を作っていた。

──ファスト映画を擁護する意見として「出会いの場を作っていた」というコメントは目にします。

面白い映画が紹介されていて、すでに映画を知っている人は解説や熱いコメントを書く。それをファスト映画のコメント欄で読むと「あれ?」と疑問に感じるんですけどね……。再生回数が何十万回も行ってるとコメントも必然的に多い。みんなコメントしてるから、自分もコメントしようと思う。さらに再生回数が多いほど、これは許されているものなんだと安心感が生まれて勘違いしてしまう。公式アカウントじゃないから書きやすいという感覚もあるかもしれません。

──YouTubeの動画は再生回数が多ければ多いほど、信頼できる動画と思い込んでしまう心理はある気がします。

YouTubeに映画の総合チャンネルがあるといいですよね。配給・宣伝の垣根をなくして、いろんな映画の情報が1つのチャンネルから発信される。もちろん最初の出会いは映画であるべきですが、映画以外に最初から最後まで映画の中身を知る場はない。そこは映画業界の怠慢になっているのかもしれないですよね。あと地上波で映画の情報番組が少ないのは本当に深刻な問題だと思います。テレビCMを打てるのはビッグバジェットのみで、邦画だったら俳優の人がバラエティ番組に出られる作品。それはそれで大事ですけど偏りがある。

──しんのすけさん在住の関西地域では放送されていませんが「王様のブランチ」のLiLiCoさんの映画コーナーは長く続いていて影響力もあります。

LiLiCoさんみたいな映画を紹介するアイコンはもっといたほうがいいと思ってます。関西で言うと、浜村淳さん。そういう人が昔と比べて少ないですよね。そもそもテレビを観ないという人が増えている中で、勝手に映画の情報が入ってくる媒体がない。自分で映画館に行くか、検索するかしないと。こちらからの歩み寄りが足りないと思ってます。でもそういうことに気付いたのは、TikTokで活動を始めてから。「面白そうですね、このタイトルなんですか?」とか「知らない作品を知ることができました」とか、超有名なハリウッド大作でさえ名前を知らない人がいくらでもいます。

動画クリエイターの萎縮と視聴者の疑心暗鬼

──しんのすけさんがTikTokに投稿する動画を作るときは、映画著作物の使用の線引きはどう考えてますか?

PRの案件は除いて、基本的に僕はポスタービジュアルは無断で使ってます。その「勝手に使う」線引きは、権利者が宣伝としてリリースしているものだからお借りしますという精神。法律上の“引用”になるんですけど、この「お借りします精神」が大事だと思ってます。映画が面白い、面白くないの感想にかかわらず、結局は作品に対する愛があるかどうか。

──“引用”については「報道、批評、研究などの引用の目的上『正当な範囲内』」であれば問題ないと著作権法で定められています。ほかにも「引用する資料等はすでに公表されているものであること」「出所の明示が必要なこと」など。

具体的な線引きとしては、僕が無断で使うのはリリースされたポスターかスチールだけ。劇中のスクショ画像は使いません。一方で動画を使うときは、PRかどうかに限らず配給・宣伝に許可を取って素材をもらうようにしてます。「動画を作りたいんで編集しても大丈夫なデータをください」と。予告編は1つの作品だと思っているので、素材として使うとなると、それを切り刻むことになる。それは許可を得ないと嫌だと思っています。その代わり、許可を得たらバシバシ編集します(笑)。オリジナルの予告を作るぐらいの勢いです。

──しんのすけさんが最近上げられた「ビリー・アイリッシュ:世界は少しぼやけている」の動画を観たときに、動画素材を使われていて予告に近いなと思いました。しんのすけさんなりの映画の見方、切り口が1つ入った予告。

@deadnosuke

ベッドで作った曲で世界を獲った歌姫のドキュメンタリー映画『ビリー・アイリッシュ 世界は少しぼやけている』の感想です! #映画 #PR #洋楽 #ビリーアイリッシュ #billieeilish

♬ オリジナル楽曲 - しんのすけ🎬映画感想 - しんのすけ🎬映画感想

予告編って配給・宣伝が映画の売りを前面に押し出すもの。でもいち視聴者として観たときに「これはセールスポイントとして合っているのか?」と思う予告もいっぱいある。僕が観てほしいターゲットに刺すには、この動画の素材をどうやって作り変えたらいいんだろう?と考えて作ってますね。自分の解釈、メッセージを伝えるために予告を作るというスタンスは間違いなくあります。

──ただ、個人がしんのすけさんのように許可を取って素材を使うのは非常にハードルが高いです。引用の「正当な範囲内」で映画の素材をおそらく無断で使って紹介しているYouTuberやインフルエンサーの方々はたくさんいますよね。

今回の逮捕でみんなビビってると思います。動画の更新をいったん止めている人もいるし、「今後はいらすとやの画像で映画紹介します」と言ってる人もいる。これからは権利者の不利益にならない形で、YouTuberやインフルエンサーが愛を持って自分なりのルールを作ってやっていくか、配給・宣伝サイドがゲーム実況にならって許可や申請、使用に関するガイドラインを作ってくれるのを待つかのどちらか。スタジオジブリも公式サイトで静止画を公開したじゃないですか。鈴木敏夫さんが「常識の範囲でご自由にお使い下さい」と書かれていて。まさに言葉通りに受け取るしかない。そのラインを各々考えることが大事だなと思います。

──やはりネット界隈の映画系インフルエンサーには相当影響があるんですね。

今回のファスト映画の余波が長引くと、映画を語る場──評論ほど硬くないけど、感想ほどさっぱりしたものでもない、その中間あたりのコミュニティが弱くなってしまう気もします。YouTuberでコアな映画ファンに向けて熱い深めの考察をやってる人もいる。そこが萎縮していくのはよくないですよね。

──実際に映画系YouTuberの動画を観てみると「この動画は予告の素材を使用したものです」と明記している方も多いです。

まず「人に映画を観てもらおう」と思ってやってる僕みたいな立場だと、素材はポスターや予告で十分なことがほとんど。でも観た人に向けて深めに考察しようとすると、やっぱり情報量が必要で本編の静止画や動画を使いたくなる。そこで“引用”の部分をちゃんと理解していないとビビってしまうと思う。そこを業界として認識して救うかどうか。早めに対処しないとまずいなと思いますね。映画業界から遠い人のほうが圧倒的に多いし、そこから面白いものは生まれてくる。あとクリエイター側への周知も大事ですけど、実は観る側にも疑心暗鬼が生まれていて、それが映画文化にとって一番よくないんじゃないかと思ってます。

──なるほど。確かにファスト映画は違法だったけど、この動画はどうなの?と思う人もいます。

僕の動画にも「ファスト映画は捕まったのに、どうしてお前は捕まらないんだ?」みたいなコメントがあって。そりゃ来るよなと思いました。画像も使うし、動画によってネタバレも話す。人によっては僕の動画とファスト映画は変わらないと思う人もいる。悪質とかじゃなくて「こいつも悪いことしてるんじゃないか?」と思ってしまうのは自然なことな気がしていて。

──そこへの周知は難しいですね。

「この動画は大丈夫です!」とアナウンスする人はいないわけですから、“無断転載警察”的なものが絶対生まれてくる。「このチャンネルも画像使ってるしダメじゃね?」とか「これも捕まるんじゃね?」とか。1つでもそういうコメントがあると、観てる側の空気感がちょっと変わる。動画クリエイターもより慎重になる。権利者やメディア側がきちんと周知していく必要があるなと思ってます。

次のページ
年0回の人を1回に、映画好きを1人でも増やす

関連記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。