イオンシネマ ロゴ

イオンシネマの上映作品はどのように決まるのか?コンテンツ編成部部長に聞いてみた

「ハースメル」「幸せへのまわり道」配給の経緯とは、Netflix作品「ROMA/ローマ」上映の背景も明らかに

643

国内最多のスクリーン数を誇るイオンシネマ(93劇場、796スクリーン)を運営するイオンエンターテイメント。大手シネコンチェーンとして大作映画をスクリーンにかける一方で、日本では認知度が低い作品を定期的に上映していることが、映画ファンの間で話題になっている。トム・ハンクスが出演した「幸せへのまわり道」やエリザベス・モス主演の「ハースメル」、「スタントウーマン ハリウッドの知られざるヒーローたち」などは同社の配給作品だ。

イオンシネマでの上映作品は、どのような方針で決められているのか? その答えを得るため、イオンエンターテイメントのコンテンツ編成部部長である小川進氏にインタビューを実施。2018年に配給業務をスタートさせた経緯、Netflix作品「ROMA/ローマ」上映の背景も教えてくれた。

なお2ページ目の最後にはイオンエンターテイメント配給作品のリストを掲載している。

取材・/ 村山章

イオンエンターテイメントはなぜ配給業務を始めたのか

──イオンシネマはシネコンチェーンの大手ですが、興行だけでなく、映画ファン向けの少々マニアックな作品も配給されていますよね。自社配給にはいつ頃乗り出したのでしょうか?

2013年にワーナー・マイカルとイオンシネマが統合してイオンエンターテイメントができたのですが、その流れで映画館の運営、興行に留まらず、いろいろなことに挑戦しようという一環で配給機能も有するようになったのが2018年ですね。2018年10月に、映画の調達や日本映画の配給業務を行う部署を創設しました。私は厳密にはコンテンツ編成部の所属で、業務としては劇場の上映スケジュールの編成を行っています。それとは別に、配給機能を行う部署もあるという組織編成になっております。

──普通であれば、劇場チェーンは配給会社から上映してほしいとアプローチされる側だと思うのですが、あえて自社で配給するメリットを教えてください。

やはり自分たちがいいと思う作品、お客様の支持を得られると思う作品を自由にかけられるのはメリットですね。あと、映画館はヒット作が多い繁忙期とそうでもない時期でどうしても偏りが出てしまうんですが、映画館の運営だけをやっていたときと違ってコントロールがしやすくなりました。既存の配給会社に頼るだけでなく、自社でも対応がしやすくなったメリットは大きいと思っています。

──作品の選定にはどれくらいの人数が関わり、どういう基準で選んでいますか?

人数は8人ほどです。作品の選定は弊社の映像事業部というところでやっていますが、調達する作品は私も確認しています。当然予算にも限りはありますので、いい作品だからといって湯水のごとく使えるわけではない。ですから予算の中での採算、収支に見合うかという判断はしています。

──海外作品の場合は、海外の権利元と直接交渉されているわけですか?

はい。それは既存の配給会社とまったく同じ流れになりますし、海外のマーケットにも行っています。現在はコロナ禍で海外へは行けないので、オンラインでの交渉になりますが。弊社はイオンエンターテイメントというひとつの会社の中で興行と配給が共存しているわけですが、ほかの映画会社もグループとして配給と興行の機能を両方持っていますし、それに準じた形かなと考えております。

「ハースメル」「幸せへのまわり道」「ブラッドショット」上映の経緯

──映画ファンとして驚いたのは、最近だとアレックス・ロス・ペリーの「ハースメル」のように、なんなら映画ファンでさえあまり知らない気鋭監督の作品を配給されていたことです。ミニシアターでも上映が危ういようなインディペンデント系の小品を日本最大手のシネコンさんが買っている。映画ファンとしては本当に「ありがとうございます!」という気持ちしかないんですが、劇場側に興行的なうま味はあるんでしょうか?

「ハースメル」海外版ポスタービジュアル。主演は「透明人間」、ドラマ「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」で知られるエリザベス・モス。(写真提供:BOW AND ARROW ENTERTAINMENT / Allstar Picture Library / ゼータ イメージ)

「ハースメル」海外版ポスタービジュアル。主演は「透明人間」、ドラマ「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」で知られるエリザベス・モス。(写真提供:BOW AND ARROW ENTERTAINMENT / Allstar Picture Library / ゼータ イメージ)

確かに興行的には厳しい部分もあります。でも最初に少しお話したように、上映する作品が少ない時期に、既存の配給会社に作品が欲しいと言ってもない袖は振れなかったりしますから、自分たちでなんとかしないといけない。そういった意味では、2020年は特にコロナの影響で作品が足りなかったんです。

でも映画館は常に営業しようとしてるわけです。2020年の4、5月は緊急事態宣言に伴いお休みしましたけれど、営業したい、でもかける映画が足りないという状況でした。もちろん東宝ですとかディズニーからジブリの旧作や「アベンジャーズ」シリーズをお預かりもしていましたが、それでも5、6、7月あたりは数が足りず、自社配給の作品が非常に必要な状況だったんです。そのときに調達した中の1つが「ハースメル」でした。

今後も緊急事態宣言などで新作の公開が急に延期になることもあると思いますが、「何もないからしょうがないね」とは言っていられない。常に営業する、お客様にさまざまな作品をご提供するという使命のもとで、検討をしています。

──従来であれば「エマの秘密に恋したら」のような有名スターの出ていないロマンティックコメディは、配信かDVDスルーの可能性が非常に高かったと思うんです。それもコロナ禍があった結果、スクリーンにかかるチャンスを得たということでしょうか?

話の流れで、コロナ禍だから小さい作品をたくさん調達していると聞こえてしまったらそれは本意ではないんです。先ほどお話したように配給事業は2018年からやっていますし、その時点でコロナを見据えていたわけではありません。原理原則としては、いろいろな作品をお客様に届けたいということ。ニッチな作品、アメリカのコメディだとかノースターな洋画は、例え上質で楽しめる作品だったとしても、パッケージスルーか配信か、都市部の単館の劇場に留まることが多い状況があります。マーケットが小さいと避けられないことですが、弊社ではそういう作品も幅広く観ていただきたいと思っています。

その一方で、マジョリティのお客様にも満足していただく必要があります。例えばいろいろな小品を上映するために「鬼滅の刃」の販売席数を10分の1にしてしまうと、大多数のお客様のご満足を得られなくなりますよね。一方で映画全体のニーズが小さくて人が集まらない時期もコロナとは関係なくありますので、「エマの秘密に恋したら」のような作品を事前に用意しておくというスタンスでやっております。

あと、私も個人的にはDVDスルーや、劇場公開されないまま配信になってしまうような類の映画が好きだったりするんです。使い古された言葉ですが「日本ではアメリカのコメディはお客様が入らない」というイメージがあって、なかなか劇場公開に至らないという現実がありますよね。ここ最近はその傾向が非常に強い。でも、そういった作品も劇場で観ていただきたい、「こういう映画の楽しみ方もあるよ」ということを劇場のお客様に体感してもらいたいという思いはあります。

──「エマの秘密に恋したら」に関して言うと、今年の1月8日から東京・新宿武蔵野館で先行公開されて、22日からイオンシネマで上映が始まりました。自社配給なのに別の劇場で先行公開した理由はなんでしょうか?

弊社の劇場は地方に多いのですが、小粒な作品ですと都市向きのラインナップになりがちで、作品ごとに適性を見ながらどこでどうブッキングするのかを決めています。例えば邦画の「おもいで写眞」に関しては、都心部だと別会社の劇場になりますが、弊社では同時公開で全国くまなく上映しています。作品の売り方によって劇場を使い分けている感じですね。

もちろん興行会社ですから、映画館としてのメリットは重視するんですが、一方で配給機能の独立性と言いますか、作品ごとの利益、売上の最大化ということを考えたときに、別の会社を中心に組み立てたほうがいいのか、それとも弊社の劇場を中心に組み立てたほうがいいのかは考えます。最善の売り方をするというスタンスにもとづいてやっていますので、イオンシネマの編成担当の私の立場から「イオンシネマ中心にやってください」と思うこともありますし、そこのせめぎ合いは社内では常にあります。

──2020年に公開された「幸せへのまわり道」は、トム・ハンクスがアカデミー賞助演男優賞の候補にもなったメジャー作品ですが、権利元であるソニー・ピクチャーズの配給ではなかったですよね。イオンさんが配給しなければ配信スルーやソフトスルーになっていた可能性が高かった。

「幸せへのまわり道」(写真提供:SONY / BIG BEACH FILMS / LACEY TERRELL / Allstar Picture Library / ゼータ イメージ)

「幸せへのまわり道」(写真提供:SONY / BIG BEACH FILMS / LACEY TERRELL / Allstar Picture Library / ゼータ イメージ)

そうですね。配給会社ごとの判断によって、「幸せへのまわり道」に限らず、話題になっている作品でも劇場公開を見送るケースはあると思うんです。それでも配信やDVDで観る機会はあるだろうとは思いますが、せっかくスクリーンで観るように作られているものですから、スクリーンで観るチャンスをみすみす逃すのはもったいない。コロナ禍の中でもいろいろな作品をかけていこうという弊社の方針があった中で、ソニーからお預かりしたのが「幸せへのまわり道」やヴィン・ディーゼル主演の「ブラッドショット」でした。

──ここまではイオンエンターテイメントさんへの感謝しかない話なんですが、同時に「幸せへのまわり道」や「ハースメル」が劇場公開されていたことに、多くの映画ファンですら気付いていない状況があったと思うんです。素晴らしいラインナップなのに「アレって劇場公開されてたの?」と驚く人も少なくない。宣伝展開はどういう形でされているんでしょうか?

そこは非常に耳の痛い話ではあります。言葉は悪いですが、いろいろな形で作品をかき集めるというところまではできたんです。ただ、そこから先の宣伝の部分に関しては、週ごとに次から次へと作品が公開される状況もあって、なかなか腰を据えて1本1本を宣伝できていなかったという気はしています。自社でも宣伝機能を持ってはいるんですが、一から十まではできなかったりもするので、既存の配給会社と同様に、宣伝会社に委託したりもしています。

次のページ
「ROMA/ローマ」のような作品は状況が許す限りTHXの劇場で

関連記事

トム・ハンクスのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ハースメル / 幸せへのまわり道 / スタントウーマン ハリウッドの知られざるヒーローたち / ROMA / ローマ / エマの秘密に恋したら / おもいで写眞 / ブラッドショット / スパイダーマン:スパイダーバース / この世界の片隅に / ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。