オーソン・ウェルズ

オーソンウェルズ

若くしてラジオ、舞台の演出家・俳優として活躍。1938年にラジオ・ドラマ「火星人襲来」で全米をパニックに陥れた怪人ぶりは有名である。26歳で「市民ケーン」(1941)を初監督・主演し世界中を沸かせた奇才。

関連する画像