クロード・ルルーシュ

クロードルルーシュ

10代から16ミリの短編を撮り始め、1960年に長編第1作を発表。「男と女」(1966)でカンヌ映画祭グランプリを受賞し、世界的な名声を得る。映像と音楽のみごとなシンフォニーがかもし出す独自のスタイルは、その後の映画の作風に大きな影響を与えた。

クロード・ルルーシュの画像