武士道残酷物語

ブシドウザンコクモノガタリ

上映時間:123分 / 製作:1963年(日本) / 配給:東映京都

解説 自己を犠牲にしてまで主君に仕える日本人の被虐的精神構造を、江戸時代から現代までの7つのエピソードで描くオムニバス映画。第13回ベルリン映画祭で金熊賞を獲得した。物語は現代に生きるサラリーマン・飯倉が、ダムの入札をめぐって上役から競争会社の情報を盗むように言われ、スパイをしたその恋人が自殺未遂をするところから始まる。映画はそこから飯倉の先祖にさかのぼり、主君や国家のために犠牲になって死ぬ飯倉家七代の残酷な歴史を綴っていく。藩主の落度を被っての切腹に始まり、殉死、不義密通の濡れ衣で男根を切られたり、老中に娘を献上したり、戦争で死んだりと、異様なエピソードの数々に日本人の原形が重ね合わされる。

情報提供:ぴあ

スタッフ

監督:今井正

キャスト

中村錦之助
東野英治郎
渡辺美佐子
荒木道子
森雅之
有馬稲子
加藤嘉
木村功
三田佳子