コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

鏡貴也×山本ヤマト「終わりのセラフ」朴ロ美らでVOMICに

91

鏡貴也原作、山本ヤマト作画「終わりのセラフ」が、集英社ジャンプ系列誌の情報番組「サキよみ ジャンBANG!」内のコーナー「VOMIC」の2月期に登場する。

百夜優一郎役は朴ロ美(ロは王へんに路)が、百夜ミカエラ役は岸尾だいすけが、一瀬グレン役は浜田賢二が、フェリド・バートリー役は新垣樽助が担当。そのほか吉成由貴、佐々木睦、込山順子らがキャスト陣に名を連ねた。

また2月1日に放送される「サキよみ ジャンBANG!」では、「終わりのセラフ」を大特集。お笑いコンビ・ヒカリゴケのふたりが「終わりのセラフ」をわかりやすく解説するほか、鏡貴也と山本ヤマト、コンテ構成を手がける降矢大輔からのコメントも紹介される。

「終わりのセラフ」はジャンプスクエア(集英社)にて連載中。講談社ラノベ文庫からは鏡によるライトノベルも刊行されている。なお2月4日に発売されるジャンプスクエア3月号では、「終わりのセラフ」が表紙と巻頭カラーを飾る予定だ。

コミックナタリーをフォロー