コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

IKKIで三浦靖冬が新連載、大洋ら作家陣の私物プレゼント

50

三浦靖冬「薄花少女」、青野春秋「俺はもっと本気出してないだけ」の新連載2本が、本日12月25日に発売された月刊IKKI2013年2月号(小学館)にてスタートした。

「薄花少女」の主人公は、仕事のため実家を出て1人暮らしをしている男性。彼の実家には住み込みの家政婦がおり、幼少時に「ハッカばあや」と呼び親しんでいた。物語は、そんな彼女との思い出を懐かしむ彼のもとに不思議な客が訪れたことから始まる。

もう1本の新連載「俺はもっと本気出してないだけ」は、8月号にて最終回を迎えた「俺は本気出してないだけ」のスピンオフ。シズオの周辺人物を主役にした読み切り連作になっている。第1回目では、サラリーマン時代のシズオと森達彦が描かれた。

また月刊IKKI2013年2月号では、月刊化10周年を記念して連載作家陣の私物プレゼントを実施。松本大洋はスペインで購入した「ダリの象の置物」、林田球はフィギュア「トランスフォーマー復刻版コンボイ」、いがらしみきおは「電磁波測定器」など、用意されたプレゼントは作家の個性が現れた逸品揃いだ。応募締め切りは2013年1月24日。

コミックナタリーをフォロー