「薄花少女」描き下ろしエピソード収録の私家版5巻が発売、三浦靖冬原画展も

373

三浦靖冬「薄花少女」第5巻の私家版が、受注生産品として9月9日に自費出版される。

「薄花少女」5巻

「薄花少女」5巻

大きなサイズで見る(全6件)

三浦靖冬のコメント。

三浦靖冬のコメント。

諸般の事情で第5巻は電子書籍版のみが販売されている「薄花少女」。不思議な薬で体だけ少女になった80歳の家政婦・ハッカばあやと、“ぼっちゃま”と呼ばれる主人公の史による共同生活を描いた作品で、月刊IKKIおよび月刊サンデーGX(いずれも小学館)で連載されていた。私家版の第5巻には新たに描き下ろし1話が収録されるほか、特製のしおりが付属。東京・ヴァニラ画廊のWebストアでは、予約を5月15日から6月30日まで受け付ける。

また本書の発売を記念した「三浦靖冬原画展」が、9月9日から27日までヴァニラ画廊にて開催される。原画展では「薄花少女」を中心に、これまで三浦が描いてきたカラーおよびモノクロ原稿200点以上を展示。一部原画のプリント販売も行われる。

この記事の画像(全6件)

三浦靖冬コメント

このたびサンデーGX編集部様のご厚意により「薄花少女」第5巻を〔私家版〕の単行本として自費出版させて頂くこととなりました。
ぜひ皆様のおうちの本棚にお迎え頂けましたら幸いであります。

「三浦靖冬原画展」

期間:2020年9月9日(水)~9月27日(日)
時間:平日12:00~19:00 / 土・日・祝・最終日:12:00~17:00
会場:東京都 ヴァニラ画廊
料金:500円

リンク

関連記事

関連商品