「聖闘士星矢 THE LOST CANVAS」番外編、テンマや黄金聖闘士にまた会える

485

車田正美原作による手代木史織「聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話 番外編」が、本日6月18日に発売された。

「聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話 番外編」

「聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話 番外編」

大きなサイズで見る

「聖闘士星矢」本編のニ百数十年前、前聖戦における天馬星座の聖闘士、冥王ハーデス、女神アテナの因縁を描いた「聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話」。このたび発売された「番外編」は、「聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話」および「聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話外伝」の連載終了後、不定期に月刊チャンピオンRED(秋田書店)で発表された読み切りを一冊にまとめている。本編や外伝で語られなかったサイドストーリーが綴られており、テンマ、サーシャはもちろん耶人やユズリハ、冥界のアローンとミーノス、さらにはレグルスや童虎といった黄金聖闘士らが登場。おまけページには手代木のコメントとイラストも収められた。

なお同じく「聖闘士星矢」のスピンオフで、サイトウケンジ脚本による上田信舟「聖闘士星矢 冥王異伝 ダークウィング」と、月刊チャンピオンRED8月号も本日同時発売。月刊チャンピオンRED8月号には2作の「メタリックカバー」が付録として用意されている。

手代木史織のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 手代木史織 / 車田正美 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。