「胸が鳴るのは君のせい」実写映画化!紺野りさ曰くキャストは「イメージそのもの!!」

259

紺野りさ「胸が鳴るのは君のせい」の実写映画化が発表された。

「胸が鳴るのは君のせい」1・2巻 (c)紺野りさ/小学館

「胸が鳴るのは君のせい」1・2巻 (c)紺野りさ/小学館

大きなサイズで見る(全2件)

紺野りさによるイラストコメント。

紺野りさによるイラストコメント。[拡大]

「胸が鳴るのは君のせい」は転校生の有馬隼人と、彼を一途に思い続ける篠原つかさを中心とした王道の青春ラブストーリー。2012年から2015年にかけてベツコミ(小学館)で発表され、単行本は全5巻と「胸が鳴るのは君のせい 番外編」全1巻が刊行されている。映画化にあたり、紺野は「まさか自分の人生にこんなスペシャルな大事件が起きようとは、正直今もまだ夢見心地です」と喜びを語るとともに、「原作者特権でキャストの方をすでに知っているのですが、涼しげな目元が爽やかな凄まじいイケメンさんと、快活な笑顔がとてつもなく可愛い女優さんに演じて頂けることになっています。有馬とつかさのイメージそのもの!!なので、『胸きみ』を好きになってくださったファンの皆様はもちろん沢山の方に楽しみにして頂けたら嬉しいです」とファンへメッセージを寄せた。出演キャストなどの続報は追って発表される。

紺野りさコメント

実写映画化決定のお話を最初に聞いた時は震えが止まりませんでした!
まさか自分の人生にこんなスペシャルな大事件が起きようとは、正直今もまだ夢見心地です。
原作者特権でキャストの方をすでに知っているのですが、涼しげな目元が爽やかな凄まじいイケメンさんと、快活な笑顔がとてつもなく可愛い女優さんに演じて頂けることになっています。
有馬とつかさのイメージそのもの!!なので、「胸きみ」を好きになってくださったファンの皆様はもちろん沢山の方に楽しみにして頂けたら嬉しいです。

プロデューサー・木村元子コメント

「好き」のパワーってすごい。「胸きみ」と初めて出会った時、登場人物たちがそれぞれの想いを胸に日々を駆け抜けていく疾走感に感動しました。紺野先生の世界観を大切に、実写ならではの「胸きみ」をお届けできればと思っています。奇跡のキャストもお楽しみに!

この記事の画像(全2件)

関連記事

紺野りさのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 紺野りさ の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。