「ヒナまつり」大団円の最終19巻、キャラ解説などオマケ満載の特盛ボリューム

313

大武政夫「ヒナまつり」最終19巻が、本日8月12日に発売された。

「ヒナまつり」最終19巻

「ヒナまつり」最終19巻

大きなサイズで見る

「ヒナまつり」は若手ヤクザ・新田義史の前に、念動力が使えるサイキック少女・ヒナが現れたことから始まる共同生活コメディ。Fellows!(旧エンターブレイン、現KADOKAWA)、ハルタ(KADOKAWA)と掲載誌をまたぎながら約10年にわたり連載された。最終19巻は全272ページの大ボリュームになっており、描き下ろしイラストと制作秘話満載の「キャラクター解説」、単行本未収録イラストをまとめた「アウトテイク集」も収められている。

なおコミックナタリーでは完結を記念して「ヒナまつり」のことがまるっとわかる特集記事「ヒナpedia」を展開。ヒナの成長記録、新田の武勇伝などキャラクターの歩みをまとめているほか、作中に登場したイクラ料理の再現グルメ記事、作者と担当編集者が選ぶベストエピソードもコメント付きで掲載している。

関連する特集・インタビュー

大武政夫のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 大武政夫 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。