渡辺多恵子「風光る」23年の連載に幕、11月には番外編も登場

1355

渡辺多恵子「風光る」が、本日5月28日発売の月刊flowers7月号(小学館)で最終回を迎えた。

月刊flowers7月号

月刊flowers7月号

大きなサイズで見る(全4件)

1997年に別冊少女コミック(現:ベツコミ)にて連載がスタートした同作。男と偽り新選組に入隊した神谷清三郎こと富永セイを主人公とした物語で、巻頭カラー100ページで掲載された最終回では、総司と最後のときを過ごしたセイのその後が描かれている。今号には完結を記念し、クリアしおり4枚セットが付属。「風光る」のオリジナルグッズなどが合計168名に当たるプレゼントキャンペーンも実施されている。

また連載企画「『風光る』かわら版」では23年間の歩みをこぼれ話とともに振り返り、名ゼリフで辿るストーリー紹介も掲載された。なお単行本の最終45巻は2021年早春に発売される予定。さらに11月28日発売の同誌2021年1月号には番外編が掲載されることも発表された。

そのほか今号には萩尾望都「ポーの一族」の番外編となる「月曜日はキライ」が登場。6月27日発売の次号では「ポーの一族」の新シリーズ「秘密の花園」がスタートする。

この記事の画像(全4件)

関連記事

渡辺多恵子のほかの記事

リンク

関連商品

(c)渡辺多恵子/小学館

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 渡辺多恵子 / 萩尾望都 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。