「遠野物語」を関西弁に訳したら“ええ感じ”、挿絵はスケラッコ

520

柳田国男の「遠野物語」を、民俗学者の畑中章宏が関西弁に“翻訳”した単行本「関西弁で読む遠野物語」が、エクスナレッジより刊行された。本書ではスケラッコがイラストを担当している。

「関西弁で読む遠野物語」

「関西弁で読む遠野物語」

大きなサイズで見る

「遠野物語」は日本民俗学の祖・柳田国男が、岩手県遠野市出身の佐々木喜善(鏡石)から聞き書きした話をまとめ、1910年に出版したもの。妖怪や亡霊が登場する、さまざまな怪異現象が記録されている。

公式サイトには「『遠野物語』の怪異かつ濃密な世界に入っていくのに、文語体に阻まれて戸惑う人も少なくはないでしょう。しかし、ここに収められた伝承は『語り』によって受け継がれてきたものです。おじいさん、おばあさんが囲炉裏を囲んで孫に聞かせる。また村の物知りが、子どもたちに言い伝える。そんな『遠野物語』の語りを甦らせるため、語り言葉として現在多くの人に受け入れられている、関西弁に『翻訳』しました」と本書のねらいが綴られている。帯には小説家の町田康が「読んでるっていうより聴いてる感じ。ええ感じ。ええ感じの『遠野物語』」と推薦文を寄せた。

スケラッコのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 スケラッコ / 町田康 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。