「ダンまち」春姫編のコミカライズが本格始動、作画は矢町大成

26

大森藤ノ原作による「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」本編のコミカライズ連載が、本日12月20日に発売のヤングガンガン2020年1号(スクウェア・エニックス)で本格始動した。

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」より。

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」より。

大きなサイズで見る(全2件)

ヤングガンガン2020年1号

ヤングガンガン2020年1号[拡大]

新たに矢町大成を作画に迎え、再スタートを切った「ダンまち」本編のコミカライズ。今号に掲載された第1話からは、原作7巻のエピソードにあたる「春姫編」を展開していく。団員が加わり、ホームも変わって、新たな出発を迎えたヘスティア・ファミリア。結束を固める一行のもとに、予想だにしない事件が舞い込んできて……。

そのほか今号では、斉藤ヒュウ「自動販売機の前で、」、蝸牛くも原作による湯野由之「天下一蹴-今川氏真無用剣-」が完結。また欅坂46のグラビアが表紙・巻頭・巻末をジャックしている。

この記事の画像(全2件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

櫻坂46のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 櫻坂46 / 矢町大成 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。