コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「ダンまち」本編のコミカライズが新作画担当を迎え再始動、大森藤ノインタビューも

96

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」より。(c)Fujino Omori / SB Creative Corp. キャラクター原案:ヤスダスズヒト (c)Taisei Yamachi/SQUARE ENIX

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」より。(c)Fujino Omori / SB Creative Corp. キャラクター原案:ヤスダスズヒト (c)Taisei Yamachi/SQUARE ENIX

大森藤ノ原作による「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」本編のコミカライズ連載が、本日9月6日発売のヤングガンガン18号(スクウェア・エニックス)で再始動。作画は新たに矢町大成が担当している。

「ダンまち」本編のコミカライズは、これまで九二枝が作画を担当。単行本は10巻までが刊行されてきた。矢町版では新たに「春姫編」から物語を展開。今号では正式再開前のプレ掲載として、ヘスティア・ファミリア結成当初の、ベルとヘスティアの絆を描くエピソードが描かれた。本格連載は12月よりスタート。なお今号には、大森のインタビューも掲載されている。

コミックナタリーをフォロー