「ダンまち」本編のコミカライズが新作画担当を迎え再始動、大森藤ノインタビューも

89

大森藤ノ原作による「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」本編のコミカライズ連載が、本日9月6日発売のヤングガンガン18号(スクウェア・エニックス)で再始動。作画は新たに矢町大成が担当している。

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」より。(c)Fujino Omori / SB Creative Corp. キャラクター原案:ヤスダスズヒト (c)Taisei Yamachi/SQUARE ENIX

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」より。(c)Fujino Omori / SB Creative Corp. キャラクター原案:ヤスダスズヒト (c)Taisei Yamachi/SQUARE ENIX

大きなサイズで見る(全2件)

ヤングガンガン18号

ヤングガンガン18号[拡大]

「ダンまち」本編のコミカライズは、これまで九二枝が作画を担当。単行本は10巻までが刊行されてきた。矢町版では新たに「春姫編」から物語を展開。今号では正式再開前のプレ掲載として、ヘスティア・ファミリア結成当初の、ベルとヘスティアの絆を描くエピソードが描かれた。本格連載は12月よりスタート。なお今号には、大森のインタビューも掲載されている。

この記事の画像(全2件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

矢町大成のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 矢町大成 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。