コミックナタリー - マンガ・アニメの最新ニュースを毎日配信

歌舞伎「ナウシカ」明日開幕、ナウシカ演じる尾上菊之助「5年越しの夢が結実」

1102

宮崎駿「風の谷のナウシカ」を題材とした「新作歌舞伎『風の谷のナウシカ』」が、明日12月6日に東京・新橋演舞場で開幕する。これに先がけ、本日12月5日に昼の部の公開舞台稽古が行われた。

「新作歌舞伎『風の谷のナウシカ』」では、映画版では描かれなかった全7巻におよぶ原作のストーリーすべてを、昼の部・夜の部通しで舞台化。舞台稽古が公開された昼の部は序幕「青き衣の者、金色の野に立つ」、二幕目「悪魔の法の復活」、三幕目「白き魔女、血の道を征く」から構成されている。序幕は映画「風の谷のナウシカ」冒頭にも登場する伝承の描かれたタペストリーを背景に、裃姿の尾上右近が作品の世界観やあらすじを紹介。アレンジされた映画のオープニング曲が流れ出すと、紗幕の向こうに腐海をイメージした舞台美術や巨大な王蟲の抜け殻が現れ、幻想的な光景が立ち上がった。

ナウシカ役の尾上菊之助は、ワイヤーで客席上空を移動する“宙乗り”と呼ばれる演出で、空飛ぶ凧・メーヴェでの飛行シーンも披露。凛とした佇まいを見せる一方、黒衣が操るキツネリス・テトをなだめる姿など、仲間や生き物たちへの慈愛に満ちたナウシカを穏やかな表情で演じた。白い衣装と長い金髪で皇女クシャナに扮した中村七之助は、紫色のマントを翻して颯爽と花道を闊歩し、観客を魅了。家族に命を狙われていることを知って戦いを挑む決意をする場面では、強いまなざしで場内を惹きつけた。

劇中では「王蟲との交流」をはじめ、映画のいくつかの楽曲を和楽器で演奏。また「ペジテ」「ガンシップ」「バカガラス」といった固有名詞はそのまま使われるなど、原作や映画のイメージを残しつつ、ナウシカの衣服が王蟲の体液で青く染まる様子は“引き抜き”という衣裳を瞬時に替える手法で、ナウシカと王蟲が心を通わせる場面は踊りで表現するなど、印象的なシーンを歌舞伎ならではの演出で見せていった。

初日に際し、菊之助と七之助からのコメントも到着。菊之助は「魅力的な登場人物や壮大な世界観を、古典歌舞伎で表現したらどのような舞台ができあがるのか。試行錯誤の連続ではありましたが、古典の力を信じ、精一杯勤めます」と意気込み、七之助も「立廻りや大仕掛けもたくさん盛り込まれていますが、なにより深いところで『いいな』と感じていただけるような作品になっていると思います。クシャナという女性の葛藤を大切に演じていきたいです」とメッセージを寄せている。

公演は12月25日まで。なお映画館でのディレイビューイング上映も決定している。

尾上菊之助コメント

大好きな「風の谷のナウシカ」を歌舞伎にしたいと思い立ったのは、いまから五年前のことでした。五年越しの夢が結実し、いよいよ明日初日の幕が開きます。魅力的な登場人物や壮大な世界観を、古典歌舞伎で表現したらどのような舞台ができあがるのか。試行錯誤の連続ではありましたが、古典の力を信じ、精一杯勤めますので、よろしくお願いいたします。

中村七之助コメント

あの名作漫画「風の谷のナウシカ」を歌舞伎にするという大きな挑戦に、菊之助のお兄さんをはじめ一座で取り組んでまいりました。立廻りや大仕掛けもたくさん盛り込まれていますが、なにより深いところで「いいな」と感じていただけるような作品になっていると思います。クシャナという女性の葛藤を大切に演じていきたいです。そして私たちの愛している歌舞伎を観ていただき、楽しんでいただけるように力を合わせて勤めますので、どうぞお楽しみにご覧ください。

「新作歌舞伎『風の谷のナウシカ』」

日程:2019年12月6日(金)~12月25日(水)
会場:東京都 新橋演舞場

スタッフ

原作:宮崎駿(徳間書店刊)
脚本:丹羽圭子、戸部和久
演出:G2

キャスト

ナウシカ:尾上菊之助
クシャナ:中村七之助
ユパ:尾上松也
セルム / 墓の主の精:中村歌昇
ミラルパ / ナムリス:坂東巳之助
アスベル / オーマの精:尾上右近
道化:中村種之助
ケチャ:中村米吉
第三皇子 / 神官:中村吉之丞
ミト / トルメキアの将軍:市村橘太郎
上人:嵐橘三郎
クロトワ:片岡亀蔵
ジル:河原崎権十郎
城ババ:市村萬次郎
チャルカ:中村錦之助
マニ族僧正:中村又五郎
ヴ王:中村歌六

「新作歌舞伎『風の谷のナウシカ』」ディレイビューイング

東劇・新宿ピカデリーほか全国の映画館で前編・後編各1週間限定上映
前編:2020年2月14日(金)~2月20日(木)
後編:2020年2月28日(金)~3月5日(木)

原作『風の谷のナウシカ』全7巻(徳間書店刊) (c)Studio Ghibli

コミックナタリーをフォロー