高橋留美子、富野由悠季監督らが令和元年度文化庁長官表彰を受賞

3186

高橋留美子と、「機動戦士ガンダム」シリーズの生みの親として知られる富野由悠季監督が、令和元年度文化庁長官表彰を受賞した。

高橋留美子「MAO」1巻

高橋留美子「MAO」1巻

大きなサイズで見る(全2件)

富野由悠季

富野由悠季[拡大]

文化活動に優れた成果を示し、日本の文化の振興に貢献した人物、または日本文化の海外発信、国際文化交流に貢献した人物の功績をたたえる文化庁長官表彰。高橋は「永年にわたり、漫画家として優れた作品を数多く発表するとともに、国内外で顕著な功績を有しており、我が国の芸術文化の振興に多大な貢献をしている」という功績が、富野監督は「永年にわたり、アニメーション監督として優れた作品を数多く発表するとともに、後進の育成にも努め、我が国の芸術文化の振興に多大な貢献をしている」という功績がそれぞれ認められ、受賞に至った。またアニメ制作会社・エイケンの創業者である村田英憲氏も、「永年にわたり、アニメーション制作者として優れた作品を数多く発表するとともに、後進の育成にも努め、我が国の芸術文化の振興に多大な貢献をしている」として受賞している。

令和元年度文化庁長官表彰の受賞者は全74名。表彰式は12月6日に、文部科学省第2講堂で行われる。

この記事の画像(全2件)

関連する特集・インタビュー

高橋留美子のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 高橋留美子 / 富野由悠季 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。