コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

山岸凉子デビュー50周年特集がダ・ヴィンチに、マンガ家が描くどうでしょう名言集も

292

山岸凉子のデビュー50周年を記念した特集が、本日11月6日発売のダ・ヴィンチ12月号(KADOKAWA)に掲載されている。

同特集は小説家の川上未映子と歌人・穂村弘が「日出処の天子」を語る対談から幕開け。入江喜和おかざき真里よしながふみが「私が愛する山岸作品」を明かすページのほか、魔夜峰央諸星大二郎からのメッセージ、山岸の素顔を知る人々からのコメントなどが掲載された。山岸が描くバレエの世界をバレエダンサーが読み解く企画ページには、「テレプシコーラ/舞姫」に登場する野上水樹のモデルだという上野水香らが登場。締めくくりには山岸のロングインタビューが掲載された。

そのほか今号のダ・ヴィンチには、「水曜どうでしょう」の特集も。「マンガ家が描く至極の『どうでしょう名(迷)言集』」という企画には椎名軽穂三宅乱丈星野倖一郎そにしけんじ桑原太矩増田英二平川哲弘麻生みことが参加。みどりわたるはHTB新社屋の潜入レポートを担当した。コミックダ・ヴィンチのコーナーには「ブルーピリオド」の山口つばさが登場。同作に込めた思いを語っている。

コミックナタリーをフォロー