コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

おかざき真里

オカザキマリ

6月15日長野県生まれ。高校在学中よりファンロード(ラポート)にイラストやマンガを投稿。圧倒的な画力でアマチュアでありながらファンが付くほどの人気を得た。多摩美術大学を卒業したのち、広告代理店の博報堂に入社。デザイナー、CMプランナーとしてキャリアを積みながら1994年ぶ~け(集英社)にて「バスルーム寓話」でデビュー。寡作ながら印象的な短編作品を多く発表した。1997年、オカザキマリ名義で歌人の枡野浩一とコラボレーションした「てのりくじら」「ドレミふぁんくしょんドロップ」(ともに実業之日本社)を刊行。2000年、結婚を機に博報堂を退職し、ビジネスジャンプ(集英社)に一色伸幸原作で「彼女が死んじゃった。」を連載。2004年にTVドラマ化もされ人気を集めた。その他の代表作に広告代理店での経験を元に描いたラブストーリー「サプリ」がある。こちらも2006年に伊東美咲、亀梨和也主演でTVドラマ化もされている。

おかざき真里のニュース

コミックナタリーをフォロー