コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

Boichiがメ芸内覧会で「ORIGIN」の成り立ち明かす、高坂希太郎監督は脂汗

98

左からアニメーション部門の大賞を受賞したBoris LABBE、アート部門の大賞を受賞した古館健、Boichi、功労賞を受賞した小池一子、エンターテインメント部門を受賞した「チコちゃんに叱られる!」よりチコちゃん。

左からアニメーション部門の大賞を受賞したBoris LABBE、アート部門の大賞を受賞した古館健、Boichi、功労賞を受賞した小池一子、エンターテインメント部門を受賞した「チコちゃんに叱られる!」よりチコちゃん。

「第22回文化庁メディア芸術祭 受賞作品展」が、明日6月1日から16日にかけて東京・お台場の日本科学未来館ほかにて開催される。これに先がけ、本日5月31日にメディア向けの内覧会が行われた。

マンガ部門ではBoichi「ORIGIN」が大賞を獲得し、優秀賞を宮川サトシ原作、伊藤亰作画「宇宙戦艦ティラミス」、コナリミサト「凪のお暇」、紗久楽さわ「百と卍」、齋藤なずな「夕暮れへ」が受賞。新人賞には黄島点心「黄色い円盤」、ジュリー・ダシェ原作、マドモワゼル・カロリーヌによる「見えない違い─私はアスペルガー」、鶴谷香央理「メタモルフォーゼの縁側」が選出された。

受賞作品展には各タイトルの単行本のほか原画や線画、資料などを展示。会場で取材に応じたBoichiは「『ORIGIN』は人間型のロボットが存在するのであれば、どのような問題が起きるのか。そしてロボットが災いにならないようにするためにはどうすればいいのか、ということを真剣に考えてみようと思って作り始めました」と作品の成り立ちについて説明する。さらに「ほかのロボットが登場する作品ではあまり扱われていないことですが、ロボットが1人で生き続けるためには金が必要なのではないか、そうなったときにロボットが金を稼ぐためにはどうすればいいのかということも考えました。ほかにも『近未来に文明はどのように発展していくのか』『人間の生き方はどう変わるのか』というような(従来の)SF的な要素も盛り込んでいます」と説明した。

またアニメ部門ではフランスの映画監督・Boris LABBEによる短編アニメーション「La Chute」が大賞に輝いており、「大人のためのグリム童話 手をなくした少女」「ひそねとまそたん」「ペンギン・ハイウェイ」「若おかみは小学生!」が優秀賞、「透明人間」「Am I a Wolf?」「The Little Ship」が新人賞に選ばれている。会場には「若おかみは小学生!」の高坂希太郎監督も登壇。高坂監督は「原作をいただいたとき、旅館業を営む主人公というところにほかの作品と違った視線があるんじゃないかと思ったんです。どういうことかと言うと、(主人公のおっこは)お客様第一で、自分の感情は抑えて『お客様にどうしたら喜んでもらえるのか』ということを常に考えている。最近よくある自分の気持ちをわかってもらいたいとか、本当の自分はなんだろうっていうことを考えるキャラクターとは、ベクトルが真逆だと感じたんです」と解説。さらに会場に並ぶ設定資料については「落書きみたいなものもあるので、最初は捨てようと思っていたんです。そうしたらプロデューサーが『ください!』って言ったんですが、こういう形で展示されて脂汗が出ています(笑)」と笑った。

「第22回文化庁メディア芸術祭」ではアート部門、エンターテインメント部門、アニメーション部門、マンガ部門の受賞作品および功労賞受賞者の功績を一堂に展示。シンポジウムやトークイベント、ワークショップといったイベントも行われる。詳細は「第22回文化庁メディア芸術祭 受賞作品展」の公式サイトで確認を。

「第22回文化庁メディア芸術祭 受賞作品展」

会期:2019年6月1日(土)~16日(日)10:00~17:00 ※4日(火)、11日(火)は休館日
会場:日本科学未来館、フジテレビ湾岸スタジオ、東京国際交流館、BMW GROUP Tokyo Bay、シンボルプロムナード公園ほか
料金:入場無料

コミックナタリーをフォロー